リハ。緊張の音合わせ。

11月19日のディナーショー、リハ始まりました。

4月以来、歌の声を出していないので、すっかり自信無くなりつつの稽古でした。
でも、このメンバーとやるのも5回目?6回目?

ギターの増崎孝司さんが頼りの、マイ・マエストロ。
キーボードの安部 潤さんは、私を癒やしてくれます。
ベースの浜崎賢太くんは、心臓の鼓動のように、ブンブンブンって、支えてくれます。
パーカッションの中島オバヲさんは、私の身体を、いろんなに、運んじゃったり、
混ぜちゃったり、踊らせちゃったりしてくれます。

気心が分かると、一家だって感じで、嬉しいリハになります。

今回は、、、今の私じゃあ恥ずかしくて唄えない歌を唄うことにしました。

バイバイバーディの中で、アン・マーグレットが特大のセーターの中から顔だけ出して、セーターの中で着替えをしながら唄った歌、How lovely to be a woman 。
ウエストサイド物語の  I feel pretty フラワードラムソングの中の、I enjoy being a girl。
ペギー・リーの ’Cause I'm a woman を一気に唄います。

それから、それから、、、メチャ恥ずかしいんですけどネ、
「はいからさんが通る」「はいからさんのラブソング」を唄います。
はいからさんが通るって大和和紀さんの大ヒット劇画、これを一番最初に芝居にしたのは、新派だったんです。ですから、これは新派の主題歌でもあるんです。作詞は大和和紀先生。

それから、、、トム・ジョーンズが華麗にお尻を振りながら歌った、Love me tonight。
フランスが産んだ名バレリーナ。  ジジ・ジャンメールが歌った Sex mad.
まあ、色キチガイとでも訳したら良いのかしら?
次が、Make love to meと来れば、色色々で、、、お恥ずかしい、、、カモ。

ぐっと落ち着いて、「私はいけない女でしょうか」これは、新派の芝居「明治一代女」の歌なんです。
Hurt so bad . The end of the world ~World without loveと失恋の歌が続き、
アービング・バーリンの  You can have him。
シャンソンの人生は過ぎゆく〜愛の賛歌。 兵士の別れC'est finis.
Good-bye ベニー・グッドマンの曲に北村英治さんが参加してくれて、
ご一緒に Cabaretを、、、
そして、お客さまをお見送りする曲と、20曲!!!唄っちゃいます。

初めての曲が多いので、大大大緊張の音合わせでした。

途中からひょっこり遊びに来た人が、、、、「ドキッ」
リュウさんでした。上がりますよ、あんな上手い素敵な歌い手に、、、。

でも、増崎さんはじめバンドのメンバーは、リュウさんのメンバーでもあるんです。
リュウさん自身も、昨日までここでお稽古をしていらして、表敬訪問をして下さったんです。
あの、歌の甘さ、魅力、何処までもらくーに出るあの声。
あやかりたいな、、、と、つくづく想う。

稽古場からの帰り道、越路吹雪おねえさまの声が蘇った。

「ヨシエ、楽な発声を見つけなさい。長く歌手をやるならネ」って。




 
d0071099_16483573.jpg

Commented by ヴェロニカ・ハメル at 2009-10-15 00:00 x
アン・マーグレットの「バイ・バイ・バーディ」、懐かしいですね。
マーグレットが演じた「欲望・・」のブランチも観ましたけど、お世辞抜きで八重子様の方が適役でしたね。
 「はいからさんのラブソング」を、久々に聞くのが楽しみです。たしか「はいからさん・・」が新派で舞台化されたのは、原作のファンの女子学生が、先代の八重子様に原作本を差し入れ、「これ、新派
で劇化してください」と直訴したのがきっかけだったのでは?原作を一読なさった先代八重子様が、「これは、良重むきね。」と仰ったとも聞いております。
 やれジジ・ジャンメールだのペギー・リーだの、今回の八重子様の文章は懐かしい固有名詞がやたら登場するので、嬉しくなってしまうではありませんか(笑)。ダニー・ケイ主演の「アンデルセン物語」という映画で、子供のころ初めて観たジャンメールは、優雅なバレエと短い首(笑)がとても印象的な人だったなあ、ですとか、映画「フラワー・ドラム・ソング」の東洋系アメリカ女優ナンシー・クワンの美貌を思い出したりなどなど、ノスタルジーに埋没してしまいました(笑)。
 ディナーショー、楽しみです。
 
 
Commented by funny-girly at 2009-10-15 23:11
ヴェロニカ・ハメルさま
と云うことは私のブランチをご覧になった、と云うことですか?
私が初めて観た外タレが、ジャンメールでした。日比谷公会堂。
走り出て来たジャンメールの背負った「ピンクシャンパン」って羽の飾りが、ジャンメールの何倍もあって、香水の香りがブワ〜〜〜ンって、
客席中半まで匂ってきて、完全にノックダウンされました。それ以来、コロン、香水無しには、裸で舞台に出るみたいで、ブンブン付けてヒンシュクを買っています。優雅に横顔を見せて、肩を顎まで持ち上げる、あの独特なポーズは、首が短いのをカバーするためだったのかと、今初めて知りました(笑)
ノスタルジーは、歌詞を覚えるのが大変だってことも知りました。
素晴らしいコメントを有り難うございます。
Commented by らんちゃん at 2009-10-17 23:40 x
またまた、ご無沙汰してしまい、、、、、ディナーショーのお稽古、スタートされたのですね。Ryuさんの表敬訪問!素晴しいですね!私の夢は、八重子さまとRyuさんが一緒のステージで、デュエットしていただく事です。是非!実現させてくださいね!            今回のディナーショーは盛り沢山のジャンルの曲を歌われるのですね。なんだか、今からワクワクします!楽しみ!           20日、大阪JAZZ流に行って来ます。一足、お先にRyuさんワールドに浸ってきますね!                          ディナーショーまで、お体に気をつけて頑張ってください。本当に楽しみにしてます。
Commented by funny-girly at 2009-10-18 23:29
らんちゃんさま
良いですねぇ。何を唄うのか、誰も教えてくれませんでした。
ご一緒したときのフィナーレ、お手々はつなぎましたが、
あんな、素敵な上手い人とデュエットなんて、とんでもないですぅ。
でも、有り難う。
Commented by 昔のファン at 2009-10-21 12:02 x
いいショットの写真だね。これみたらまだ若い若い。
今年はいこうかな。

Commented by ゆみ at 2009-10-22 08:03 x
そうそう、裾野でRyuさんと手をつながれてましたよね!あの時の八重子さま、完全に恋する乙女でした!かわいらしかったです~!
それに、いつまでも若々しくてうらやましいです~!
Commented by funny-girly at 2009-10-22 17:59
昔のファンさま
今の、、、ではないのですね?この写真は去年の春、、ちょと昔です。
Commented by funny-girly at 2009-10-22 18:03
ゆみさま
あの時は、久々に一緒になった、朝丘さんと思わず手を繋いじゃって、
もう、片方のリュウさんと繋がないのは不自然だけど、客席の皆さんに、叱られてしまいそうだし、、、いろんな事を考えちゃってました。
リュウさんのファンの方って優しい方ばかり、、、
by funny-girly | 2009-10-14 16:59 | 音楽 | Comments(8)

水谷八重子 タワゴト


by funny-girly