ブログトップ | ログイン

ないしょばなし

funnygirl.exblog.jp

水谷八重子 タワゴト

千穐楽が来る、、、

文藝春秋の原稿をやっと書き上げた。
素人が原稿を書くって言うのは、結構大変なのだ。

でも、今回はツイッターやらブログやらに逃げずに、
まあなんとか2日遅れで送ることが出来た。

ゲラが来た。
注文があった。
何処かにデビュー六〇周年を入れるように、って。

これが、以外と猛然と、難しかった。
テーマが無い原稿だったのだもの。
何処にでも入っちゃう難しさってことになった。

まあ、でも、何とか送っちゃった。

初めてご一緒した、舟木一夫さんの公演も、あと六日。

話題はいつも「ガリガリ君」と「プロポリス飴」だった。
良い人なんだなあ、、、長年ファンがしっかり付いて来るのは、
彼のお人柄なんだな、、、。

楽屋の雰囲気がその公演の主の人柄を物語る。

いつまでも「高校三年生」のフレッシュ感を持っている人。

ああ、もうじき卒業。離ればなれになるんだわ。
by funny-girly | 2015-12-18 08:52 | 芝居 | Comments(5)
Commented by てらぴー at 2015-12-22 00:00 x
文藝春秋、楽しみに拝読いたします!来年のお芝居も見たいものばかりでうれしいです~
Commented by funny-girly at 2015-12-22 08:22
有り難うございます。ついついツイッターに行ってしまうのですよね。コメ嬉しいです。
Commented at 2015-12-23 08:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by funny-girly at 2015-12-23 20:07
マリアさま
クリスマスを前にマリアさまって、不思議な気がしつつ書いております。コメント嬉しいです。お一人でも私のブログの更新を待っていて下さるなんて光栄です。頑張れますわ。有難うございます。
Commented by 浪速女 at 2015-12-23 20:43 x
千穐楽 おmwでとうございます。舟木さんのアドリブはありましたか。チョッと違いますが、新派でもずーっと昔には天地会がありましたね。1回だけタイミングがおおて観たことがありますよ。