ながい別れ

今日は岩谷時子先生の祥月命日、、、でした。

ヤマハホールで越路吹雪讃歌をやっているので、
今日だけは歌詞を間違えちゃいけないって、
心して、くり返し歌詞を確かめて、出て行きました。
今回、初めて唄う「一寸おたずねします」と「愛の幕切れ」
2曲は譜面台に。後は自信を持って楽屋に置いて行きました。

1曲目の歌い慣れた「パリ野郎」1番を2度唄ってしまった!
「ご免なさい。間違えました、やり直させて下さい」と、
頭から歌い直したら、、、又ダメ!3回やり直してしまいました。

岩谷先生ご免なさい。
先生が新派の「日本橋」を作詞して下さったのを、
ここに認めさせて頂きつつ、心からのお詫びを申し上げます。


あなたの名前の おとなりへ
おなじく妻と 書いてよ
可愛いことを云う 女人(ひと)はどこへ
一石橋 おぼろ夜が
ながい別れの 始まりか
心の傷あと 責められて
泣いて帰った あの女人の あの女人の
いとしい人は 旅に出た旅に出た

1日あなたの 来ない日は 人すじ髪が ぬけますと
可愛いことを云う 女人はどこへ
三月三日淡雪の
雛の祭に みた夢か
旅から帰った 火事の晩
恋に狂った あの女人は 女人は
くすりをのんで 死にました死にました

。。。曲も劇的な楽曲です。
難しい歌です。泉鏡花先生の不思議な世界の不思議な歌です。
上手に歌うことが出来たらと思います。
いつか、きっといつか、上手に、、、
この「女人」の「お孝」が唄えたらと思います。岩谷先生。

by funny-girly | 2016-10-26 03:05 | 音楽 | Comments(4)  

Commented by 浪速女 at 2016-10-26 21:43 x
聴きたいと思っていた「愛の幕切れ」を歌いはったんですね。
「日本橋」を何回か観ているうちに、お孝さんはひょっとしたら清葉さんに憧れていたんではと思った事がありました。
名台詞が沢山ありますが、私が好きなのは「咲いた桜が怯えるわねぇ〜」です。
Commented by 浪花のべっぴん at 2016-10-27 00:35 x
ライブ、お疲れさまでした。
「パリ野郎」、たしか・・・ピーターさんと松竹座で公演された時に歌われましたよね。
あの時初めて八重子様の生歌を聴いたなぁって、思い出しました。まだ一度もライブに行けてないので、いつかは東京へ聴きに行きたいです。

「ATASHI」に収録されている曲の歌詞紹介、じっくり読ませてもらってます。
新春のNHKラジオで何曲か聴き、すてきな歌・・・と思いました。
「あなたがいれば」と「渡ればこその橋だから」、録音しておいたのを繰り返し聴いてます。
このCDをなんとかゲットして、全曲聴きたいです。

全然、ブログの内容と関係ないですが、八重子様が歌う「北酒場」、アルバム紹介のページに収録風景の動画が掲載されていて、1コーラス聴けました。
すごくお上手ですね、演歌も歌えるとは・・・ビックリ。
このCDも買わなくては。
Commented by funny-girly at 2016-10-29 02:15
浪速女さま
鋭い!昔はヒロインとヒーローの芝居でしたが、私が思うには、女二人、男二人4人の芝居です。新派の綺麗事の世界では無いと思っていました。お孝は常に「清葉」が頭から離れない。彼女をふり向かせるために、深みにはまって行く。精神レズの世界です。その女のために落ちるに良いだけ落ちた男を目の前にしては、葛木は姿を消すしかないでしょう。
Commented by funny-girly at 2016-10-29 02:18
浪速のべっぴんさま
ディスクユニオンと云う所で扱ってはいます。Amazonに出そうかな?って思っておりますが。
安部潤さんのジャズ北酒場ステキです。来年には唄えると思います。ヴァレンタインに北酒場!?

<< 深川唄 渡ればこその橋だから >>