水谷八重子 タワゴト

by funny-girly

深川唄

岩谷時子先生。

頂きました新派の名作10作品中、9作品まで書き留めて参りました。
残ったのが、川口松太郎先生の名作「風流深川唄」

私、良重から八重子になります時に、尾上菊五郎さんがゲストで長蔵をやって下さいました。
お父っあんには菅原謙次さん、文字力には山田五十鈴先生って豪華版でした。
菊五郎さんのステキだったことと云ったら、、、。



父さん母さん 心の優しい人で
人を助けて 破産の憂き目をみたの
誰でも人には云えない 苦労があるわ
それでも私は くよくよしないのよ

一つ屋根の下に 好いた男がいるもの
店中の噂よ みんな知ってる
包丁一つ 持たせたら
誰にも負けない 料理人
無口だけれど あの人も私が好きよ


深川生まれで 深川育ちの私
百年つづいた しにせの料理屋だけど
あの人いるから 貧乏したっていいの
ところが おかしな男がやってきた

ぼくの妻になればすぐに救ってやろうと
断るわ 二人の愛は変わらない
月日がすぎて 私たち
場末に のれん出しました
私も彼も元気です 幸せだもの


、、、、岩谷先生、、、誰に知られ無くっても、
この10作品は、私の宝です。
、、、ライヴで、、、密かに、、、ほそぼそとでも唄い続けます。
by funny-girly | 2016-10-30 12:27 | 音楽 | Comments(2)
Commented by 浪速女 at 2016-10-30 20:55 x
若い頃に見た映画「卒業」のラストシーンを見た時「風流深川唄」を思い出しました(*'-'*)「卒業」の二人はそれからどうなったのかわかりませんが、おせつと長蔵は幸せになりました(^-^)
童子格子柄のおせつの着物は大胆ですね。印象に残ります。
Commented by funny-girly at 2016-10-31 10:54
浪速女さま
そこが新派の新派たる由縁。楽しさ。歌舞伎を知ってる人が見るのが当たり前だった新派。あの分厚い歌舞伎の衣裳を、なんと呂にして着ている楽しさ。歌舞伎を観る若者だらけの今、
新派は打ち捨てられてしまいましたわね。
春本由香に望みを託しますわ。