水谷八重子 タワゴト

by funny-girly

ガックリ

ひとつの山を越すと、まずは、ガックリと腑抜けになる。

腑抜けの後から、ああだったのかしら?こうだった方が?
と反省が、シクシクと胸を巣くって行く。

その次に、本格的なガックリがやって来る。

「ああ、私、、、何をすれば良いの? え? 何を」
と酷い時には寝たきりになったりもする。

「ワーーー勿体ない!」私は何処も悪くない。
それなのに? 寝たっきりを装うなんて!

いろいろと家族の方の事など、やりたいことが一杯あるのに、
身体が不自由になっていたり。
人の手を借りないと、何も出来ない状態になっていたり。
そう云う方もいらっしゃるのだ。

私は、、、違う。
だのに、何ももうやることが無くなっちゃったってな気分。

申し訳ない!
本当に申し訳がない!

五体満足、動ける身体、、、
何よりも生きている!
「命」がまだ、未だある!

うん!
まずは、12月の10日と11日の「大つごもり」を一人でも多くの方に、
ご覧頂いて、俳優座&新派のアンサンブルを楽しんで頂こう!

それと、同時に「初春新派公演」華岡青洲の妻の於継にならなくては!

来年の新派公演は、どうやら、この1月しかないみたいなのですもの。
by funny-girly | 2016-11-25 17:44 | 何でしょネ | Comments(2)
Commented by kita at 2016-11-27 22:54 x
来年の新派公演は、1月しかないのですか!!! オークションで「新派群像」北條秀司著(昭和51年)を手に入れて、これから読もうと思っていましたのに。でも、今週、三越劇場のチケットは予約します。
Commented by funny-girly at 2016-11-28 12:40
kitaさま
世の中は変わりました。誰がどんな良い芝居をするかよりも、
誰が切符を一枚でも多く売るかで役者の値打ちが変わるんです。そんな風な世の中に新派はいるのです。あ、ご予約頂いて本当に有り難うございます。