ブログトップ | ログイン

ないしょばなし

funnygirl.exblog.jp

水谷八重子 タワゴト

ドッキン、ドキドキ、まだ見ぬ舞台。

さて、いよいよ、明日は、舞台稽古。
急に心配になったのは、お化粧のこと。
南座と演舞場でやった時には、
迷わず「白塗り」、、、それが新派では常識の役なんです。

しかし、朝倉 摂先生のシュールな、それでいて、
リアルな広さにこだわった舞台です。
演舞場の花道と、スロープを降りて、
お客様の中に混じって退場するのでは、
まるで違います。ド白塗りで良いのかな?
なんか違うって気がします。

まぁ、仕込みで忙しいスタッフの邪魔にならないように、
おきわの生活空間をそっと見て参りましょう。
意外にも、三善の舞台用品ではなく、
マキアージュなんてことになりそうな、、、。
「おきわ」が、いい女、、、じゃないと、絶対にイケナイ!!!
、、、、ここが、、、私の、、、つらいトコ、、、
by funny-girly | 2006-07-22 11:48 | 芝居 | Comments(2)
Commented by ももゑ at 2006-07-22 16:32 x
ナチュラルメイク...とまではいかないのでしょうけれど、
血の通ったカンジのお化粧、ってのもいいですネ(^^)
2人の男を翻弄するイイ女ですもんネ、
それはそれは色香が漂うんでしょうねぇ〜。
1010は演舞場などに比べたら小劇場。
ほんとに、息づかいや匂い、温度まで伝わるんですよね。

あ、私の拙いブログは、
オレンジ色になっている名前の部分をクリックすれば
ジャンプできますヨ♪
Commented by funny-girly at 2006-07-25 11:36 x
ナチュラルメイクとか、お面メイクでも何でも良い。
汗でジュルジュルになっちゃうってこと、通し稽古で分かりました。
そして、それを直している時間も「おきわ」にはないことも。
着物は、、、はいからさんが通る、、、の中のお引きずりさんになっちゃうし、、、。
今日、初日です。無事を祈ってて下さい。  おきわの八重子より