あぁ、、初日

初日の幕があがりました。
どんなに自信ががあろうと、なかろうと、
無慈悲に初日の幕は開くんです。
狐狸狐狸ばなし、、、ド、が付くほどの喜劇は、
お客さまが、相手役みたいなものなんです。
相手役が、乗ってくれるだろうか、、、?
プイッと知らん顔をされたら、どうすればよいのか、、、?
私、この、家業をして(2006−1955=41)41年なんですよ。
それでも、幕があがる前に、逃げて帰って、
布団を引っ被って寝ちまおうか!?って思うんです。だらしのない!!!

しかも、しかも、この演出は、花道代わりに、
客席を使うんです。ああ、残酷な青井陽治先生。
舞台の上なら、客席の相手役が、少々冷たくとも、
高いところに上がっていることもあり、
「いいモン。こっちはこっちで芝居するモン」
って、逃げの手もありますが、
お化けに追われて「出たァ。ギャァァァー」と、
客席通路を逃げるストロークが結構長い。
うるさいなぁ、、、、なんて、引かれたらホント泣いちゃいそう。

でも、でも、今日のお客さまの暖かったこと!
「わーわー」って一緒になって下さった!
嬉しくって、お客さまの手を引っ張って一緒に逃げたくなっちゃった。
そんなことも、許して下さりそうな、お客さまでした。
ありがとうございます。
光栄でございます。こんなに笑って頂けて。

幕が閉まっても、拍手を頂いていたので、
急遽、明日からカーテンコールをすることになりました。
疲れ切っているはずの初日の夜。
早く明日が来て、早くお客さまにご覧頂きたい、、、。
そう、思える今の私、、、最高に幸せものなんです。
今日のお客さま、、、ありがとうございました。
最高のエネルギーを頂戴致しました。


(ないしょばなし)なんですがネ。
井上恭太くんって若手がおりまして、客席に酔っぱらいの役で、
鼻歌を唄いながら登場。と、あるお客さまに道を聴く。
むろん(たぶん)答えは返ってこない。
「あ、なんでぇ、お地蔵さまじゃねぇか」
彼は、じゅうぶん緊張しておりまして、
お地蔵さまに選んだお客さまが誰なのか、
まったく分かっていなかった。
大大先輩の淡島千景先輩だったのです。
すみません。お地蔵さまに無理矢理なっていただいて。
プロデューサーが、青ざめておりました。
恭太くん、知らなかったこととはいえ、
大先輩に共演して頂いて、栄光のひとときを頂きました。
ありがとうございました。
Commented by pretty-bacchus at 2006-07-26 03:28
初日にこのブログを更新するとはおそれいりました。
余裕ですね〜〜〜。
私たちは8名で最終日にみせていただきます。
27日の楽屋には、赤の発泡酒ランブルスコを12本お送りしました。オニイサマと敬子からの楽屋お見舞いです。どうぞ冷やして皆様でお上がり下さいませ。
Commented at 2006-07-28 00:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by funny-girl at 2006-07-28 02:28 x
千住の花火大会でした。町はもう、人だらけ、劇場の中は閑古鳥。
芝居を観て出演者と、屋上最高の席で、花火鑑賞なんて、企画を立てて欲しかった。だって、町ゆく若者の殆どが、浴衣を着ているんですよ!日本人したがっているんですよ。男の子のお着付けは、だいぶ直したくなりますが、女の子は可愛い上手な着方が多くて驚きました。嬉しいですよぉー。こうして、わざわざ着てくれて。
楽屋の特等席から、中田プロデュースのワインとワールドカップ公認のシャンパンを空けました。松村さんの思い切った演技に皆食われております。
Commented by ももゑ at 2006-07-28 14:07 x
何も知らずに行った、あたいがバカでありました...
「な、何?この人混みはっ!みんな1010に行くのかしら!?」なんて有り得ないことを思ってしまうほど...人混みがひどく苦手で具合が悪くなっちゃう私です。

さて、狐と狸の化かし合い!大いに笑かしていただきました(^o^)
八重子おきわのみずみずしさ!艶っぽさ!(汗で、ではないですヨ!)にも、陶酔...。「おきわ、いい加減にしなさいよぉ〜」なんて、心の中でツッコミを入れながら見てました。
脇を固める役者陣のガッチリとしたチームワーク!やっぱり毎度のことではありますが感激しました。
だけどもだけども、あたしは.....
宮川エロ坊主が大のお気に入りでした!!
昨年の「あぢさゐ」ではシリアスなあのお役がとってもカッコ良くて、メロメロになっちゃったはずだのに、ガラガラと崩れ落ち、爆笑でした。役者さんというお仕事、素敵ですね。
一週間足らずで終わってしまうのがもったいないほど、極上のお芝居でしたッ。
by funny-girly | 2006-07-26 01:43 | 芝居 | Comments(4)

水谷八重子 タワゴト


by funny-girly