戸田で初日の幕があがりました。

18日、「はりまぜ屏風」と「明日の幸福」初日でした。
かなりな、緊張ではりまぜ屏風の裏にスタンバイいたしました。
26分間の踊りの為に、「所作台」をトラックに積んで持って行く。
松竹ならではの贅沢です。
この、板を踏む時には不思議な緊張感を覚えるのは、
私が歌舞伎役者の娘に生まれたせいなのでしょうか?

ま、ともかく「オッペケぺ」も可愛く華やかに、私の2分の踊りも無事に、
お客さまに手拭いをプレゼントして幕がおりました。

あわただしく、長唄三味線を見事に弾いてお客さまを唸らせた山口 崇さんも、
ケーナでしんみり、しっとりさせた田中 健さんも、みんな(特に女は)
あわてて、現代劇の支度にばたばた。

なんで?どうして?  誰かが馬鹿をやってトチったの?
びっくりするほど、お客さまが笑って下さって、、、。
笑いに飲み込まれるように、登場人物が、生きて動いて、
笑って泣いて、、、。
石井ふく子先生のお顔も優しくて、、、。
嬉しい初日を出しました。

そして、今日は、初めての公演地「南足柄市文化会館」
いきなりの2回公演。頑張りました。
夜の部、幕が閉まっても、お客さまの拍手!、、、。
踊りでフィナーレをやっているので、カーテンコールの予定はない。
みんな、衣装を脱いでしまって、どうにもならずに、閉まった幕の中でウロウロ。
場内に明かりも入って、松竹特有の「打ち出し」をしてしまった後に聞こえてきた拍手。
舞台監督が、どうにもならない、と判断、アナウンスを入れてしまいました。
今夜のお客さま、、、何よりのものを、ありがとうございました。
それにお応えできず、本当に申し訳ございませんでした。
お客さまから「明日の幸福」を、いっぱい、一杯頂きました。

明日は、これまた初めての千葉県東総文化会館、張り切って参ります。
そして、明後日は会津に向けて移動。
22日の会津風雅堂、から本格的な旅が始まります。

by funny-girly | 2006-08-20 01:58 | 芝居 | Comments(3)  

Commented at 2006-08-20 09:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by funny-girly at 2006-09-05 02:09 x
非公開を見る術がありません
Commented by kunio at 2006-09-06 00:16
funny-girlyさま、ログインすると、非公開コメントが見えるようになりますよ。

<< 草臥れてまぁす 本日は、舞台稽古、なり >>