旅もどんどん終わって行く

平成18年度  松竹新派特別公演も、
だいぶ、過ぎて参りました。
終わって行く、、、と、云うことは、
無事に責任を果たして行くことが出来たって、
嬉しいことなんですが、あーら、いつの間にか、
この辛い時間帯も終わってしまったのか、
と思うと、あーあ、、、これで、今年の夏も終わり、、、と、
感慨深くなってしまいます。

戸田で初日を開けて、南足柄、千葉旭市、会津若松、福島、仙台、
盛岡、そして北海道に渡って、札幌、函館、、、たった二カ所で、北海道を離れ、
岩手県の遠野市、福島県白川郡、新潟テルサ、アミューズメント佐渡、
見附市、、、、これは昨日だったんですが、
ひどいお天気でした。
ザーッと雨が降る、、、支度をはじめたら、頭の上の遠い所で、
何たるうるささ。大きな荷物を乱暴に引っ張っている。。
「はりまぜ屏風」が始まったら、またガタンドタンと大騒ぎ。
6人の若手芸者の踊りが終わり、色とりどりの姉さん芸者の踊りも、
済んで、英  太郎sんの静かな舞の真ん中辺、、、大きな荷物の音が一段と、
大きくなったら、あろう事か、、、三味線の音が、ブツッ、
ライトがパンと消えて、真っ暗闇の停電です。

舞台監督の古山君、何故か刻んで緞帳を下ろした。
すぐに復旧したため、心ならずも、暗転になってしまった所から、
すーっと音も明かりも、何事もなかったかのように、
続いた。
田中  健さんのケーナが、誰でも知ってる童謡を、
吹いてすっかりお客さまを乗せてしまった。

雷さま、、、、今日は悪さをしないで下さいね?

by funny-girly | 2006-09-08 06:48 | 芝居 | Comments(5)  

Commented by momoe800 at 2006-09-10 09:53
連日の移動、舞台、おつかれさまです!
毎日違う会場でのお芝居、大変でしょうと思いつつ、
「新派だもん!どんな状況でも何でもござれ!だよなぁ〜」と
一人納得してしまいました。
ハプニング、そしてハプニングに応じて急きょ生まれる嬉しいハプニング。
ただただ感動しながら読ませていただきました。
天ぷらそば+めかぶトッピング、そしてカレーの話にはおったまげましたが(笑)!

拙いものではありますが、私もexblogで開設しました...
八重子さま、八重子さんファンのみなさま、
どうぞよろしくお願いします(*^-^*)
Commented by haru at 2006-09-11 01:01 x
移動の毎日、お疲れ様です。全国の多くのお客様に新派の舞台をお届けになる日々、本当に素晴らしいことだと存じます。私も13日、北とぴあで拝見出来ますこと、楽しみにしております。ところで、祖父の亀屋原は竹柴氏の弟子でございました。残されている祖父のアルバムには、先代の八重子さんがまだ10歳くらいで、祖父と手をつないでいる写真がございます。竹柴氏、勢舞さん、そして先代の八重子さんの祖父宛ての手紙が何通も残っております。どれも戦前のもの。私がこのようなメールを差し上げることも、何だか不思議な気持です。どうやら、そろそろ東京も秋雨の様子ですが、新派には似合い、かも知れませんね。
Commented by イタリアーノ・マメ at 2006-09-11 11:47 x
お疲れ様です。ひとつ質問があります。
新派公演、直接観るのが筋ですが、観に行けないファンもいると思うんで
失礼ですがDVD化されているものあったら教えてください。
まだ無いのかなぁ~☆
Commented by funny-girly at 2006-09-11 14:02 x
haruさま、ゆっくりとお話を伺わせて頂きとうございます。ご縁ですね。

イタリアーノ・マメさま      ビデオになってる?ものもある?DVDは?まったく分かってなくてご免なさい。
舞台は生もの(だから、油断するとすぐ腐ってしまったり、、、賞味期限切れちゃったり)  今、ここに座っていらっしゃるお客さまと、今、ここで演じている俳優と両方が生み出すものって、つくずく感じます。過ぎた時は二度と戻って来ない。一瞬一瞬が大事です。そんな中を切り取った映像、、、参考にはなりますが、お客さまには、あまりご覧頂きたくない気がいたします。あったらお知らせしますね
Commented by イタリアーノ・マメ at 2006-09-13 20:59 x
ご回答ありがとうございました。
マメに情報収集してみます。次、福島県にいらっしゃるのは来年かなぁ~☆
こちらの情報もチェックしに来ますね(^^)/~

<< そろそろ  半分、、、、 雨の中の移動 >>