どれが、ホント?  どこまで、良いの?

「明日の幸福」お客さまには、とってもお喜び頂いております。
いわゆる、「受けて」いるんです。
すごく、やりがいがあります。弾んでやれます。
お客さまの笑い声に、乗せられて、やって、また、
ワーッと受けて、だんだんテンションが上がって行く。
怖いほどなのです。

関西には、新派をことあるごとに、追いかけて観て下さるファンが、
いらして下さいます。
メールを頂きました。私が迷っていることが、ズバリと書かれてありました。

「ここまで、オーバーで良いのでしょうか? 
 周りのお客さまは、すごく笑って喜んでましたけどぉ」
この、メールを下さったお客さまも、何なのだろう???
戸惑っていらっしゃるのが分かる気がいたしました。

今のお客さまの傾向がそうなんだ、、、、って、
だから、その、お客さまにお喜び頂けることが、
一番なんだ! だからこそ、「今」を感じ取る、石井ふく子先生の演出が有るのだ。

 自分に自分で、一生懸命、そう言う答えを出しています。

芝居って、本当に難しい。コンダクターの石井先生が
毎回、観て下さる、なんて、どだい無理なことなんですから、、、。

悩み、迷い、自己嫌悪なくして、やれれば幸せなんですけどね。

by funny-girly | 2006-10-07 01:43 | 芝居 | Comments(0)  

<< 千穐楽 明日から反省します >>