数え日? イイエ、もはや カウントダウンですね

四年になりました。
衝動的に「大つごもり」をやり出して、、。
やっと、やっと、やりたいことが分かったって感じです。

結構、稽古を積んで来たのに、やはり、気が散っていたんですね。
みんなよりも、出遅れの感じで焦って、初回の舞台に立ちました。

あの、天がブッチャケッチャッタ感の大雨!
その中を、お客さまが、いらして下さった!と、思ったら、胸が詰まってしまって、、、。
何をお話ししたのやら、ともかく、この感謝の気持ちを、と、
、、、ああ、、言葉ってもどかしい。

焦らない、焦らない、、、と、自分に言い聞かせつつ、
本を開いて、朗読に入りました。
読み出してみて、上がりまくっている自分にびっくり。ショック!
心配した「現代語訳」を山吹恭子が、
淀みなく、嫌みなく、すーっと読んでいる。
落ち着いた自分を取り戻さなければ、、、。

そして、芝居「大つごもり」の、主役、おみねの瀬戸摩純が登場。
一年やっていなかった(一つ年をとった)のに、
何て純な、ピュアーな若々しさなのだろう!
転んだおみねに駆け寄る児玉真二の、
宇太郎も、気持ちの良い江戸弁が暖かい。
難しい石之助役の鈴木章生が加わった。
三人の何ともいえないハーモニー。

馬鹿みたい、私って。
身内をベタほめしているなんて。
でもね、云いたいんです。言わせてください。書き残したい。

ベテラン伊藤みどりと、ダブルキャストの、矢野淳子が、
娘のお産を夜通し手伝って帰ってきた、御新造さんを、
今までで一番良い出来、ただの意地悪、ヒステリーじゃない。
お産の神経疲れで、おみねにあたる。よく出ていました。

父親と、ぐれた息子とのやり取りに、肉親の情が感じられたのも今年。
、、、なんて、ちょっと天狗になりすぎかしら?

貧乏な叔母さんが、おみねを訪ねてくるところで、
お客さまのハンカチが見えた。嬉しかった。

これも、新派文芸部の成瀬先生が、
朝に晩に、稽古、駄目だし、稽古、駄目だし、と、
情熱を傾けてくれたおかげ。そればかりじゃない。
 
舞台監督の小柳津さん、音響の田中さん、照明の北内さん、
右肩の骨折を乗り越えて、かつら、自毛の結い上げまで、
頑張ってくれた坂入さん、松竹衣装の増田さん、日本髪の大澤さん、
大つごもりの象徴と云うべき、井戸を作ってくれた金井さん、
井戸の滑車と綱、桶を貸してくれる藤浪さん、

松竹新派担当のプロデューさー松本さんが、
素人プロの私に変わって、稽古場の心配をしてくれて嬉しかった。
いろんな人々に支えられて、初めて「芝居」って出来るもんなんですよねぇ、、、。

最初の大つごもりから、参加して貰った、港区のお嬢ちゃん、
小島 彩ちゃんも五年生になった。
ハスキーな声で、三之助、男の子役が、まだ似合う。(ゴメン)
二役の七つのお嬢さまも、もちろん可愛い(ハスキーヴォイスが色っぽい、ゴメン)

やっぱり、芝居って積み重ね、、、なんですね。
今や一番の売れっ子作家、斉藤雅文さんが、
ずーっといてくれて、打ち上げにも参加してくれた!
これも嬉しかったことの一つでした。

いっぱい新派の公演ををやって、劇団みんな、で、ああでもない、こうでもないって、
いっぱい積み重ねて行きたい物です。
土砂降りの雨の中、いらして下さったお客さま、本当にありがとうございました。
翌日の、空っ風の中を、いらして下さった皆さま、ありがとうございました。
この、コージーな素敵なホールを提供して下さる、キスポート財団さま、、、
どうか末永く、よろしくお願い申し上げます。

ずーっと書けなかった文、グダグダと長くなってしまいました。

by funny-girly | 2006-12-31 03:58 | 芝居 | Comments(11)  

Commented by 浪速女 at 2006-12-31 22:48 x
おおつごもり、あと数時間で来年になるんですね。4年目にして初めて聞いた
(観た)「大つごもり」感動しました。原文を読んだ後に現代語訳を読むのは
よく分かり良かったです。現代語訳のおみねの話し言葉は?と思いました。
特におばさん(村岡ミヨ)とおみね(瀬戸摩純)のやり取りの場面が、自然
な演技で二人の心理が良く分かりウルウル。児玉真二も職人の気っ風のよさ
がでていた。
それにしても今とはえらい違いですね。おせち料理も自分で作らずに買って
きて詰めるだけやし(私だけ)お風呂に水を入れ湧かすのも、スイッチを押
せば勝手に水を入れ、湧かしてくれ設定温度になれば火を止めてくれる。便
利になった分失っている大切なものがたくさんあるように思います。今はも
う忘れかけている日本の良さを見せてくれる新派。応援しています。
Commented at 2007-01-01 21:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MOMOE at 2007-01-02 00:12 x
新年あけましておめでとうございます。
「大つごもり」、お芝居の時にチラリと八重子さんの方を見たら
すごく嬉しそうなお顔で後輩役者陣を見つめていらして、
それはそれは、観音様のようでした。
(そんなとこばっか見ていたワケじゃありませんッ。笑)

今年も時間の許す限り、新派の舞台、八重子さんの舞台に出かけたいと思っています!
ご迷惑にならない程度に、応援させていただきます。
本年もよろしくお願い致します(^o^)
Commented by funny-girly at 2007-01-02 07:09
浪速女さま
嬉しい批評をありがとうございました。3年間、口うるさく駄目を出し続けたのですが、
今回、本番で見て、え?いつの間に?我を忘れて芝居に見入ってしまいました。
「今とは偉い違い」って思ってくださってありがとう!新派応援よろしくお願いいたします。
Commented by funny-girly at 2007-01-02 07:11
あけましておめでとうございます。もう、ご一緒したのが、去年なんですね?私にとっても忘れられない思い出になりました。
Commented by funny-girly at 2007-01-02 07:14
MOMOEさま
ワー、、、スタンプをありがとう!  嬉しくって、嬉しくってね。
明日から早速使います。
Commented at 2007-01-02 13:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 薫風 at 2007-01-02 22:02 x
真っ赤なバラの花束のFUNNY-GIRLYさま
我が家も穏やかな新年を迎えました。
「大つごもり」拝見いたしました。感激いたしました。
ずぶの素人の私ですが、舞台での「間のとり方」の重要さがとても新鮮でした。
計算された台詞の世界。計算だけでは完璧ではない世界。
芸術の奥の深さに感銘いたしました。
奈良より応援いたしております。
我が家の癒し犬はアイリッシュセッターです。名前はエンジェルです。
薫風より。


Commented by funny-girly at 2007-01-04 09:29
マルセイユでしたかしら?お出かけになるときには、エンジェルちゃんは、どうするのでしょうか?動物ばかり気になる私です。
Commented by pretty-bacchus at 2007-01-05 00:49
四年目のおうつごもりは、また新たな試みですばらしかったですね〜〜〜。
八重子さんのますますのご健闘をお祈りいたします!!
敬子
Commented by pretty-bacchus at 2007-01-05 00:51
このブログを私のブログにトラックバックさせていただきます。
写真とともにアップもお許しください。

<< 今更ながら、新年のご挨拶を申し... パソコン離れは罪悪感から >>