香り 薫り かおり  の思い出

初めて母の香水に興味を持ったのが、、、小学校5年、位。
「ミツコ」を、母にバレない程度に、母の楽屋の化粧前で、
そっと付けて、、、。急に大人に、女になったようで、
胸がドキドキして、、、。
やはりバレて怒られて、、、「あら、いやーよ」程度だったんですが、
どうして、母はこんな、素敵な物に囲まれているのだろうと、
ちょびっと嫉妬(今だから分析できる)に駆られて、
、、、何て名前の蘭だったか忘れましたけど、
薄いグリーン色に、血管のような紫が入っていて、真ん中に、
下唇を突き出したような、袋が付いている。
舞台に行ってて、誰もいないことを良いことにして、
その袋の中に、ミツコさん目一杯注いじゃった。

翌日、ミツコ入りの袋から腐って、その不気味な蘭は死んじゃった。
その罪悪感からか、未だに母の香水には手を付けず、
大事に保管しているけれど、なにやら、だいぶ、色が濃くなってきたし、
少し隙間が出来ている。 開けてみようかな?

高田好胤 元薬師寺管長さまが、おっしゃった。
良い香りは、仏さまのご馳走です。って。
白檀の香りの好きだった母の仏前には、天壇と云うお線香を、
使っているけれど、、、年代物のミツコを染み込ませたハンカチを、
供えて上げようかしら、、、。

「黒水仙」「マイシン」等々。随分憧れた。
さて、明日は何をまとおうかしら、、、。

d0071099_225936.jpg


4月1日は、このトラちゃんが、家に入ってきた日です。2003年の写真です。
私の宝です。

by funny-girly | 2007-04-01 02:29 | 何でしょネ | Comments(5)  

Commented by 浪速女 at 2007-04-01 21:40 x
2日間、和歌山・白浜に旅行していたのでブログを見られませんでした。その間にたくさん更新されていたのでビックリ。香りで思い出すのは、何年か前に梅田コマ劇場で「女ばっかり東海道」の公演中、幕間に本「あしおと」のサイン会がありました。私は既に買っていたので並びませんでしたが友人が並びました。サインをしてもらった上に握手までしてもらったそうです。その右手には移り香が…何という香水か分りませんが、羨ましかったです。私も並べば良かったなあ〜。(エイプリルフールですがほんまです。)
Commented by kageyama asako at 2007-04-02 03:37 x
ありがとう!!!解ってくれて嬉しいです。内緒話です。
「鹿鳴館」をやったとき、張り切りすぎて、コロン付けすぎて、玉三郎に口をきいて貰えなくなりましたっけ。
Commented by 浪速女 at 2007-04-02 12:15 x
本「あしおと」は「あしあと」の打ち間違えでした。すみません。
Commented at 2007-04-02 20:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pretty-bacchus at 2007-04-02 23:29
もう四周年なのですね!
光陰如矢ですね!

<< 不安です。ビ、ビ、ビビッてます。 急なお知らせ、、、、未だ早すぎ... >>