水谷八重子 タワゴト

by funny-girly

オー レィ!!!

我が新派の、故菅原謙次さんの妹さん、小松原庸子さん、、、イエ、、、庸子先生って凄い。
邦楽、常磐津のお家に、お生まれになって、なのにスペイン舞踊、フラメンコに全てを捧げていらした。その舞踊団の質の高さ、センスの良さは庸子先生のお産みになったものなのでしょう。
そればかりではない。私みたいに、日劇ダンシング・チームのフラメンコ位しか知らなかった者に、素晴らしいアーティストを紹介下さっている。

ホアキン・グリロ。人間ってここまで生きていられるのか!!!???って息が止まった。
スタミナとかパワーとか、エネルギーなんて言葉では、とうてい言い表せない。
なんて生命力?!どうして、なんで、こんなに命が続くのってほど、踊って踊って踊って踊って、、限界の無い踊り手。
きっと命を召されても、彼のサパテアの足は止まらない、誰にも止めることが出来ない、たとえ、それが神さまであっても。
庸子先生有り難うございました。東京にいながら、こんなモノスゴーイ公演を拝見することが出来ました。庸子先生がアンダルシアからニッポンの、頼もしい大きな架け橋に見えて、眩しゅうございました。
by funny-girly | 2007-10-16 00:53 | 音楽 | Comments(2)
Commented at 2007-10-22 11:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by funny-girly at 2007-10-23 02:26
小西すみ様
嬉しいお便りを有り難うございました。世の中、広いようで、実に狭いものでございますね。二番目のお嬢さんとは、舞ちゃんでしょうか? 彼女は生まれたときから、良く知っております。どんなに泣いていても、お母さんがダッコして「ほら、オンマ、オンマ」と運動中の馬を見ると泣きやんでいました。、、、それが、もう、お母さんですか!!!
たぶん、若宮のお家でお目に掛かっていると思います。
ご縁って不思議なものでございますね。どうぞ、お元気で、良い秋をお過ごし下さいませ。