ブログトップ | ログイン

ないしょばなし

funnygirl.exblog.jp

水谷八重子 タワゴト

2017年 07月 05日 ( 1 )

終わりました。

母を何とか、語ったつもりでおりますが、

新しく増やしたところを飛ばしたり、、、。

スライドを投影する方をヒヤヒヤさせっぱなしたと思います。

滝の白糸の間奏のピアノ、あまりに素敵で、聴き入って,唄うのを

忘れそうになりました。

つくずく、、、大勢の人たちに支えられてこそ、

出来るのだと,改めて感謝です。

構成演出の青井陽治先生。

音楽監督、そして進行を見守って鍵盤に指を掛けてくれている安部 潤さん。

伊藤ハルトシさん、池田達也さん、沼 直樹さん。

芝居の仲間のオーディオのSBSさん。

シワを飛ばしてくれる照明の北内さんとパックの皆さん。

アタフタと心配をしてくれる舞台監督の中川大輔さん。

汗で溶けて仕舞う私の顔を、コンサートのテーマに合わせて、

お化粧をしてくれる、資生堂の鎌田由美子アーティストさん。

受付から着替え、お客様のことなどコマゴマと気を使ってくれる、

劇団新派の女優陣のお弟子さん。

特別出演してくれた、春本由香ちゃん、

大好きな「はいからさんのラブソング」を唄ってくらました。

「はいからさんが通る」は母の企画でした。

その時「私もご馳走で,女学生で出るわ」と云った母。

演出の三木のり平先生、かるーく、「だめだめ、ご馳走にならない」

母がチョッピリむくれていたのを思い出しました。


1番、大切なのは、、、お客さまなんです。

唯一の相手役なんです。

素晴らしい相手役を務めて下さいましたお客さまに、、、

ただただ、感謝。ありがとうございました
by funny-girly | 2017-07-05 05:09 | Comments(6)