ブログトップ | ログイン

ないしょばなし

funnygirl.exblog.jp

水谷八重子 タワゴト

<   2006年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

鹿児島中央駅から電車に乗って、新八代駅に、
新八代駅から博多駅に、、、
名前も懐かしい「つばめ」に乗って、、、。
そして、「のぞみ」に乗り換えたら、あっという間に、
広島に着き、海を越えた感じが全くない、、、って、
なんとなく、ねぇ、、、なんて思うのは、年なんかなぁ。

九州シリーズが、終わりました。

黒豚、、、美味しかった!!!角煮も、豚骨も!
鶏飯、、、美味しかった!!!
らっきょう!!!キビナゴ!!!

さあ、反省週間に入りましょう。
お好み焼きを、無視できますかどうですか、、、
あんまり自信はありません。
by funny-girly | 2006-09-28 04:26 | 雑文 | Comments(7)
桜島が、行きも帰りも、霞んでいてきれいですよ。
鹿児島に、桜島があって、、、と思ってましたが、
地理オンチ?地理無知、の私は、フェリーに乗せられて、びっくり。

ああ、公演をする「鹿屋」ってところは、桜島の側の島なのだと、
思っていました。だって、10分ぐらい、フェリーに乗って、
宿泊するホテルにチェックインして、鹿屋市文化会館に入ったんですもの。
でも、緑の空気の美味しい町。やたら、お医者さまの多い町、って印象でした。
良いお客さまでした。一言でも、セリフをしっかり聞いてて下さって、
思いっきり笑って下さって、笑うばかりではなく、
登場人物の立場、想いを、それぞれ理解してて下さって、、、。
ありがとう鹿屋のお客さま。

そして、今日は移動日なので、スタッフのバスと、キャストのバスと、
2台連なって、鹿児島を目指しました。
今度は、40分フェリーに乗りました。
鹿屋って島を離れ、桜島って島の側を通るんだな、、、そして、鹿児島のホテルに、、、。
部屋に入ったら、真っ正面に桜島。案内してくれたホテルの人が、
時々、灰がふるんですよ!!お願い桜島、大人しくしててね。

その景色を眺めて、熊本から、フェリーで桜島を通って、鹿屋に行って、
また桜島を通って、そして今こうして、鹿児島に来たんだって思ってました。
いやー、くっついているんですね? 桜島も、鹿屋も、鹿児島に。
鹿児島湾に突き出しているんですね!?
その湾をグルッと回ると大変なので、湾を突っ切ってしまったって訳だったんですよ。

無知って、怖い、恥ずかしいですね。
今までは、そんなこと女優が知らなくッたって、
と、思ってましたが、無知を売り物にするテレビ番組を見て、
ダメ、だめ、駄目、私は駄目。
同じでは駄目、無知でいたくないって、その時、思ったのに、、、。

薄く煙っている桜島さん、私、お勉強をしますネ。いくつになっても。

おめでとうございます! 朝青龍関。優勝が決まっているのに、
スッゴイお相撲を見せてくれて、ありがとう。
by funny-girly | 2006-09-25 16:04 | 雑文 | Comments(0)
天草って素敵なところです。
牛深って町名にも、何やら、昔話がありそう。
じっくり町を旅してみたいって、珍しく感じました。

旅どころか、熊本からバスに乗って、約3時間かかって、
会場について、荷物広げて、お顔を作って(昔流にこう云うんです)
メイクをして、踊って、メイク変えて、
セレブな奥さまになって、明日の幸福を求めて、、、。

かつらと付けマツゲをはずして、普段のらくーな服に着替えて、
また、バスに乗って、もと来た道を、3時間かかって、もとのホテルに帰って、
大ベテランの青柳喜伊子、伊藤みどり、佐堂克美、半田真二、田口 守と、
わいわい、がーや、がーや、しゃぶしゃぶ食べて、、、

朝青龍関のあの、悔しそうな顔を見て胸を痛め、、、
千穐楽の明日こそ、やった!勝った!を期待して、、、。

実家に帰った、本田プロデューサーの「聖子ちゃんの報告」を
楽しみにして、さて、寝ましょうか。   お休みなさい。
素敵なメッセージが来ますように、、、。
by funny-girly | 2006-09-24 02:05 | 雑文 | Comments(0)
ミリカローデン、素敵な劇場でした。
ご無沙汰の九州のお客さま、楽屋にお訪ね下さって、大好物の甘い物の山。
誘惑、誘惑、誘惑、、、
何とか、人に譲って頑張って、、、。
終演後、水炊きで、お腹が破れそう!
明日から、反省週間に入ります。

朝青龍は一敗を守りました。一敗のカトンボさん、二敗になっちゃいましたね。
それを見守る横綱の赤ちゃん顔が真剣でした。

イチロー&城島が嬉しいですね。松井さんおめでとう!

那珂川町は、二回公演で、この日だけ、昼夜の間が、
いつもより三〇分短かかった。
忙しい一日でした。

ごめん、もう、ダウンです。
by funny-girly | 2006-09-22 05:00 | 芝居 | Comments(2)
阿南市って、何故か好きです。今回は行かなかったけれど、
丸亀も、昔、栄えた町って感じで、引かれる町でした。
「昔は、日本のタオルはほとんど、ここだったけど、、、」って、
愚痴とともに、タオルで作った、スカーフを頂きましたっけ。

思い出はともかく、阿南のお客さまの嬉しかったこと。
阿南市のJAの皆さんが、県境の方から、
バス5台で来て下さったり。
「阿南の米はうまいから、あげたいな」
「まぁ、楽屋にですの?」
「イヤ、舞台でだよ」「!?」
芸者の扮装で、米俵を、歯を食いしばって、
ずるずる引きずる図を思い描いて、
「いえ、やっぱり、美味しくても、お米は、困りますし、、、」
米好きの青柳喜伊子が、私の耳元で、
「宅急便の世の中ですから」と、プロンプターになる。
米嫌いの私、「やはり花束頂くのが一番」「馬鹿!」誰かの小さな声。
結果、舞台で晴れ晴れしく花束を頂いて、
楽屋には、おにぎりの炊き出しサービスと旨いお新香。
そして、名産、スダチのジュースをいっぱい頂いた。

何を頂くより、お喜び頂くのが一番。
終演後に訪ねて下さった、女性幹事の方々が、
「もう、楽しくって、笑って、こんなに泣いちゃって」って、
良い笑顔を見せて下さった。

主催の徳島新聞の皆さま、ご後援下さった、JAの皆さん、
素晴らしいお客さまをありがとうございました。

さー、今日から九州です。
初めての、ミリカ・ローデン。頑張ります。どうぞ、よろしく。
by funny-girly | 2006-09-21 08:15 | 雑文 | Comments(0)
やった!勝った!
やっぱり勝つのって気持ちいい。
私の事じゃありませんよ。
そう、私、朝青龍関の大ファンなんです。
みんなが、憎らしいとか、
何を睨んでるのかとか、うるさく云ってる時に、
そう、そこが良いんだなぁ、、、って思ってました。
だって、赤ん坊ってあんなお顔してるじゃないですか。
うん、こいつ、悪ガキになりそう、、、って、赤ん坊の顔。
あの、ベビーフェイスが、大好きなんです。
ドルゴルスレン・ダグワドルジって、
難しい本名だってあんまり難しくって覚えてしまいました。
まだ、生、朝青龍関をみたことはありません。

あくまで、悪役なのかな?って思ってた時、
確か、大相撲が韓国に行ったんじゃなかったかしら。
その時、町を歩いたり、遊んだりしている映像を見て、
あれ? この人、サービスしている、、、見る人を楽しませる人なんだ!
そう思ってから、大好きになったんです。

って、云ったって、相撲まるでオンチな私です。
決まり手がどうのなんのってまるで分からない。

でも、瞬時に相手の動きに対応する、スピーディな動き。
頭脳と身体が一致して動くその早さに見とれる。
そして、あの表情が楽しい。
今場所、一敗した時の顔「え? ウソー」

制限時間いっぱいになった時、パーンとまわしをはたいて、
青色のスポーツタオルで顔を拭う。
うん、私は、ハンカチ王子のハンカチよりも、
青色のタオルが好きなんだなぁ、、、。

いつか、、、旅から帰ったら、思い出して書いてみます。
相撲が大嫌いだった訳。
飛行機が大嫌いになった裏には、相撲があった事。
私がモンゴル応援団になった訳、、、などなど。

あ、それから、間違いでした。阿南市での公演は、
リュウさんのコンサートをやったホールではなく、
新しい劇場でした。早く寝なくっちゃ、、、。
by funny-girly | 2006-09-19 02:09 | 雑文 | Comments(0)
昨日は、じつにたっぷりとバスに乗った。
飛行機での移動の行程が電車になったのだから、
電車の乗り換えで、大変!なら分かるけど、
岡山から、穴道までの切符を取り上げられて、
岡山から、雲南市の雲南市加茂文化ホールまで、
バスになった。長かった。でも、台風の気配もなく、
会館に着いた。

アラビアンナイトに出てくるお城のような、
もの凄いたたずまい。ドーム状の大きな丸い屋根。
鋭角に突き出た色々な、飾りには、
大きな鳥が羽を広げて止まっている。
実に複雑な、建物だ。

覚悟を決めて、中に入る、打ちっ放しのコンクリートが、
ヒンヤリとしつつも、暖かい。

階段を少し下りると、舞台がある。
その袖に、段差もなくて、楽屋にと行かれる。
すぐ左右に別れて、いくつもの楽屋がある。
絨毯の楽屋、畳の楽屋、その間に、いくつものシャワールームがならぶ。

踊りのフィナーレ、25分の休憩の間にかつらを取って、
襟、手、顔のおしろいを落とす。
と、同時に普段の顔に見えるように、化粧を変えていく。
クレンジングでグチュグチュやるのが、私の習性だが、
みんなは、シャワーに飛び込んで一気に落とす人が多い。

ひと月、同じ場所なら、おしぼりを使って拭くけれど、
そのフェイスタオルを洗って干さなければならない。
毎日、場所が変わる巡業では、そんなことをしていられない。
誰かが、考えた。使い捨てのおしぼりを作るのだ。
ウエットティッシュなんてない頃だし、
お弁当に着いてくる、紙のおしぼりなんかは、高く付く。

スポンジの感触をもつ、キッチンペーパータオルが最適だ。
それを、摘みやすく折って、濡らして絞っておく。
なんて、上手い手を考えたものだ。
もう、何十年もペーパータオルにお世話になっている。

劇団の一番下のクラスから流行って行ったおしぼりだ。
経済的なのだ。
「ねぇ、いったい誰が最初にやったのよ」聞いてみた。

看板に名を連ねる、伊藤みどりさんが、
「私が青年部の時、考えたんですよ」
偉い!   これでお弟子さんがどれだけ助かっているか、、、。

ペーパータオルなら、どれでも良い、と、云うわけにはいかない。
スポンジ感触の、キッチンペーパータオルでないと、
濡らしておいて、拭き取るってことができない。
溶けてぼろぼろになってしまうのだ。

そのため、一回の化粧替えに5枚使うから、、、、と、
数えて、おびただしい数を、持って歩く。
箱から出して、丸いペーパーをつぶして、
段ボールに詰めて、トラックに乗せて貰う。
そこから小出しに使うのだ。
なぜ、そんなことをするかというと、
売ってない地方もあるからだ。
探している時間がない。それで、段ボールの大荷物となるわけだ。

ま、そんなこんなで、このアラビアンナイトの会館は
使いやすい会館だった。
来月、出雲に、公演ではなく、「講演」に伺うことになっているが、
出雲市の観光課の担当の方が、芝居をご覧下さって、
わざわざ楽屋にご挨拶にいらっしゃった。

さて、窓の外には風の音がするけれど、
今日は徳島に移動するだけの一日だ。
あー、気が楽、気が楽、、、、
by funny-girly | 2006-09-18 07:24 | 雑文 | Comments(7)
昨日は、静岡県、新富士市のロゼシアターでした。
熱海時代の同窓生が、いらして下さるかしら?
何て思ってたら、暑中見舞いにちょこっと書き込みを、
しておいた、、、なんて、程度では、やっぱりダメ。
いつまでたっても、甘いんだから、私の考えることは、、、。

久々の2回公演で、かえって落ち着いていたみたい。

私、飛行機が苦手で、雲南市に行くのに、
早朝の新幹線で岡山まで行き、乗り換えて、、、って、
こうていだったんですよ、私一人だけ。
みんなは、飛行機で一気にブーン。って予定。

ところが、ゴッツイ台風がその頃、やってくる予定で、
飛行機が飛ばない公算が強くなった。
大事をとって、全員、新幹線に切り替わって、
乗り換えの路線が、山越えなので、止まるかも、、、ってんで、
これが、貸し切りバスの旅となりました。

あーあ!!良かった。一人じゃないんだ。
みんな一緒に行かれるなんて、
なんて、気の利いた台風なんでしょう。
だから、お願いだから、水の被害を出すなんて、
止めて、大人しい台風で消滅して下さい。

今日は横須賀、、、行って来まーす。
by funny-girly | 2006-09-16 09:11 | 雑文 | Comments(3)
東京って忙しいぃー!
でも、本日の移動日は、有意義に、
大変勉強になりました。
10月10日は、、、何の日だか知ってますか?
10,、、てん。10,、、とう、、、で、転倒予防の日なんです。
高齢者、、、、の為と思っておりましたけれど、
以外も以外、想定外の事実を一杯聞いて、
大ショックでした。
時間のある時、報告させて頂きます。
by funny-girly | 2006-09-13 02:19 | Comments(2)
とても、複雑なんです。猫ちゃんは、、、。
我が家のお猫さまも、そうだけれど、
本日、スケジュールに入っている猫たちは、
いずれ、ゆっくり、日を改めて、聞いて頂きますわ。
ご免にゃーさい。
by funny-girly | 2006-09-12 11:15 | 雑文 | Comments(0)