<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

四年になりました。
衝動的に「大つごもり」をやり出して、、。
やっと、やっと、やりたいことが分かったって感じです。

結構、稽古を積んで来たのに、やはり、気が散っていたんですね。
みんなよりも、出遅れの感じで焦って、初回の舞台に立ちました。

あの、天がブッチャケッチャッタ感の大雨!
その中を、お客さまが、いらして下さった!と、思ったら、胸が詰まってしまって、、、。
何をお話ししたのやら、ともかく、この感謝の気持ちを、と、
、、、ああ、、言葉ってもどかしい。

焦らない、焦らない、、、と、自分に言い聞かせつつ、
本を開いて、朗読に入りました。
読み出してみて、上がりまくっている自分にびっくり。ショック!
心配した「現代語訳」を山吹恭子が、
淀みなく、嫌みなく、すーっと読んでいる。
落ち着いた自分を取り戻さなければ、、、。

そして、芝居「大つごもり」の、主役、おみねの瀬戸摩純が登場。
一年やっていなかった(一つ年をとった)のに、
何て純な、ピュアーな若々しさなのだろう!
転んだおみねに駆け寄る児玉真二の、
宇太郎も、気持ちの良い江戸弁が暖かい。
難しい石之助役の鈴木章生が加わった。
三人の何ともいえないハーモニー。

馬鹿みたい、私って。
身内をベタほめしているなんて。
でもね、云いたいんです。言わせてください。書き残したい。

ベテラン伊藤みどりと、ダブルキャストの、矢野淳子が、
娘のお産を夜通し手伝って帰ってきた、御新造さんを、
今までで一番良い出来、ただの意地悪、ヒステリーじゃない。
お産の神経疲れで、おみねにあたる。よく出ていました。

父親と、ぐれた息子とのやり取りに、肉親の情が感じられたのも今年。
、、、なんて、ちょっと天狗になりすぎかしら?

貧乏な叔母さんが、おみねを訪ねてくるところで、
お客さまのハンカチが見えた。嬉しかった。

これも、新派文芸部の成瀬先生が、
朝に晩に、稽古、駄目だし、稽古、駄目だし、と、
情熱を傾けてくれたおかげ。そればかりじゃない。
 
舞台監督の小柳津さん、音響の田中さん、照明の北内さん、
右肩の骨折を乗り越えて、かつら、自毛の結い上げまで、
頑張ってくれた坂入さん、松竹衣装の増田さん、日本髪の大澤さん、
大つごもりの象徴と云うべき、井戸を作ってくれた金井さん、
井戸の滑車と綱、桶を貸してくれる藤浪さん、

松竹新派担当のプロデューさー松本さんが、
素人プロの私に変わって、稽古場の心配をしてくれて嬉しかった。
いろんな人々に支えられて、初めて「芝居」って出来るもんなんですよねぇ、、、。

最初の大つごもりから、参加して貰った、港区のお嬢ちゃん、
小島 彩ちゃんも五年生になった。
ハスキーな声で、三之助、男の子役が、まだ似合う。(ゴメン)
二役の七つのお嬢さまも、もちろん可愛い(ハスキーヴォイスが色っぽい、ゴメン)

やっぱり、芝居って積み重ね、、、なんですね。
今や一番の売れっ子作家、斉藤雅文さんが、
ずーっといてくれて、打ち上げにも参加してくれた!
これも嬉しかったことの一つでした。

いっぱい新派の公演ををやって、劇団みんな、で、ああでもない、こうでもないって、
いっぱい積み重ねて行きたい物です。
土砂降りの雨の中、いらして下さったお客さま、本当にありがとうございました。
翌日の、空っ風の中を、いらして下さった皆さま、ありがとうございました。
この、コージーな素敵なホールを提供して下さる、キスポート財団さま、、、
どうか末永く、よろしくお願い申し上げます。

ずーっと書けなかった文、グダグダと長くなってしまいました。
by funny-girly | 2006-12-31 03:58 | 芝居 | Comments(11)
罪悪感があるんです。
お芝居にいらして下さった方への、お礼状を書かなくては、、、。
11月末日締め切りだった「ねこ新聞」の原稿を書かなくては、、、。
朝日チャリティーの「色紙絵」を描かなくては、、、。
台本を、もう一度読み直してみなくては(ま、これは毎日やってますが)、、、。
ってな、ことで、ブログを開けて、コメントだけを拝見して、
本文はすっかり休んでおりました。
いつもチェックしてて下さるらしいMOMOEさま、ご免なさい。
今夜中に、ねこ新聞を書き上げて、色紙描き上げて、
お礼状心を込めて、、、また、ブログに戻って来ますから。

役になりきるのではないのですが、
やはり「三婆」、、、。
パソコン離れするみたいです。
by funny-girly | 2006-12-06 17:26 | 雑文 | Comments(12)

リンゴ

舞台稽古が早く終わったので、銀座の「アップル ストア」に、
修理に出ていたマックを見に(?)行ってきました。

電話での応対は、何だか難しいのに、
いざ、行ってみると、皆が親切。

ササッと調べて、直しの見積もりが、瞬時に出てくる。
あの、重たい、一時代前の、イートぉ巻き巻きみたいなマックも、
入り口のお兄さんが、さっと抱えて持ってきてくれる。
イヤー、感動でした。

それにしても、iPodが、出るときに、
ここの社員が全員来ていたTシャツ!!!
真っ黒な地に、白いイヤホンの線が両肩に書いてあって、
まるで、たった今、耳から外して、お客さまに、
対応しています、、、、って、感じに描かれているんです。
欲しかったなぁ、、。
「このTシャツ売ってください」 「どこに行けば買えますか?」
さんざん食い下がったけど「非売品でございます」の一点張り。
あのときは悔しかったなぁ、、、。
 
銀座は今や、ブランド通り。
シャネルも、ディオールも、ティファニーも、覗いただけで、楽しめる。
しかし、、、リンゴにだけは、弱いんですねぇ。
一番最初のズシリと重いiPod、ちょっと小振りのミニ(金色で気に入ってます)
チューインガムみたいな、シャッフル。
いっぱい入るヤツをまず買って、
大好きなリュウさんの甘い声に陶酔していると、
いきなり、ジャジャジャジャジャーンって、
オペラ座の怪人が、出てきて、飛び上がる。
一杯入るのも善し悪しで、半分のものも、買っちゃった。
贅沢! 無駄ずかい!反省はしてます。
でも、気に入って気に入って、ハマって全部欲しくなる。

ヨシ! これで全種類、手に入れた!、、、と思ったのも束の間、
「NANO」が出た。悔しいやら欲しいやら。
二度とお金出して買うもんか、と決意して、
ウーロン茶を飲んだ。キャンペーンをやっていたのだ。
飲んだ飲んだ、、、、諦めた。
思い直してまた飲んだ。
当たったーーーー!!!嬉しかった。
一番大事なiPodだ。さあ、必要なものだけを買うって勉強をしなくては。
by funny-girly | 2006-12-01 00:44 | 雑文 | Comments(7)

水谷八重子 タワゴト


by funny-girly