ブログトップ | ログイン

ないしょばなし

funnygirl.exblog.jp

水谷八重子 タワゴト

<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

猫ってどーしてこんなに可愛んっでしょ。
ちょっとの暇に、家に帰って(犬みたいに迎えに出てはくれないけど)丸まって寝てるのを、むりむり起こして、ダッコして、大きなオナカをポンポン叩いて「ちゅきちゅきちゅきだよン」ポッペにしつこくチュッチュしながら「ママ愛してるよン」

迷惑そーな顔をして、爪を出さない丸っこい手で、ぽっぺにビンタ食らっちゃった。癒された。
by funny-girly | 2007-10-31 17:17 | | Comments(2)
13年ぶり、、、久しぶり。初めてのメンバー、、、人見知り。
いろいろな要素でディナーショー目眩の私ですが、ハッと気がつくと、その前に、雅楽と一緒に読む「瀬戸内源氏・末摘花」がありました。
天理大学のキャンパスを、ビックリしながら(歌舞伎座の美しい、、、もっと大きな建物にずらーっと囲まれているんです!!!!!ヨ)ずーっと、ずーっと、はずれの方に、古色蒼然、木造の大きな二階建ての校舎が見えてきて、その雰囲気たるや、泉  鏡花先生が、革張りの洋書なんか抱えて、ひょっこり佇んでいらっしゃっても、全く不思議ではない感じなんです。午後四時半、講義が終わって、Gパン姿の、ごく普通の学生さん達が集まって来る。
教室に案内をしてくれる。木の木目、、、って云うのか、長年の間に、木の芯が現れ掛かった長い廊下を歩いて、畳敷きの三〇畳??もっと??の部屋に、着替えの為に連れて行ってくれる。
壁に10メートルほど、ずらーっと三味線が掛かっていて、卒倒しそうに驚いた。

まあ、楽な稽古着(ウエストゴムのGパン風等々)に着替えて、雅楽部の稽古場に廊下を行く。
目を見張る大きなハデハデの大太鼓、置いて叩く太鼓、身体に付けて叩く太鼓、
鐘、、、等々、学生さん達が、自分の楽器を持って、音を確かめている。
きちんといつも正座なのに感心するのと同時に、新派の役者でありながら、しびれてギブアップする自分が、いやはや、恥ずかしい。でも演奏の時には、みんな、平安風のあぐらだもの。

佐藤浩司先生の説明を聞きながら、読んだり、演奏を聴いたり、一緒にスタートしてみたり、
稽古が楽しい。
なんて、、、、何年か前のことを思い出していましたが、、、、その時の学生さんは、もう卒業。
新たな一年生に会うんですね。
こんな大変な楽器が、学生さん達の自前とは知りませんでした。
何年か前の、その時です。
d0071099_25239.jpg
d0071099_27438.jpgd0071099_283653.jpgd0071099_211853.jpgd0071099_2113164.jpgd0071099_212576.jpgd0071099_2122780.jpg
d0071099_2125193.jpg

by funny-girly | 2007-10-31 02:15 | 音楽 | Comments(0)
ひどい雨でした。
でも、出かけて行きました。行って良かった。
1978年頃、新派の演目をテーマにして「ATASHI」ってアルバムを出したときに、
何処の局に行っても、出逢う、若いピアノの弾き語りの可愛い男性が、やはり新曲のキャンペーン中で、後になったり、先になったりしていました。
背の高い(FOR LIFE )って書かれたブルゾン4人に囲まれて、なかなか見ることが出来ませんでした。そして去年、あるパーティで、彼にばったり会ったのでした。
「覚えていらっしゃいますでしょうか? 昔、レコードキャンペーンで、やたらとお目に掛かったんですけど」「無論、覚えてますよ。覚えてて貰って光栄だな」

進化し続ける「原田真二さん」 素晴らしいコンサートでした。乗せられて、足腰痛くなりました。
SOMETHING NEW 嬉しかった。生まれて初めて渋谷ジャンジャンでコンサートやったときにビビリながら唄った懐かしい曲でした。今日も客席で大声で唄いましたよ。
いつか、JOY、、、ねっスカートが、ねっ短すぎるよ、ひざっこぞう、波に濡れたら、海もてれちまう、、、、、、いつかきっと 聴かせて下さい。
 「おめでとうございます。デビュー30周年。そして、 有り難うステキなコンサート。
by funny-girly | 2007-10-28 04:16 | 音楽 | Comments(0)
雨です。ジョボジョボ降ってます。
やだな。でも、この雨の中、青井陽治先生は、お仕事をしていらっしゃる。
この間、私達が、すでに撮ってしまった写真の続きを撮っているのです。
それが終わったら、原田真二さんのデビュー30周年のコンサートに一緒に行くのです。
私が、、、私がですよ。アルバムを出したウーンと昔、キャンペーンをしてて、行く先々で、出逢いましたっけ。
もう、30周年ですか。おめでとうございます。
雨、降ってます。出かけてゆきます。どれか、2曲ぐらいは昔通りに唄ってくれることを、念じながら、、、。
by funny-girly | 2007-10-27 15:07 | 音楽 | Comments(0)
凄い雨でした。ビショビショになりながら、グランドハイアットに着きました。
今日は、11月19日のディナーショーにお出しする、ディナーの試食を、ワインの大家(食いしんぼも私より大大家)に付き合って貰って行ってきました。
硝子張りの事務所の奥に、小さな調理場があって、そこに宴会の調理場からの、宴会のお料理が運ばれて来るのです。いちいち、写真撮って、説明して貰って、、、、、結論から言うと、、、、「お、い、し、かったぁあ〜〜〜」でした。
後は、11月15日解禁の2007今年のボージョレーヌーボーが、お料理の良い共演者になってくれることを、祈ります。

申し上げます。当日のお料理は、自信を持っての、大お薦めです。
後の、、、、問題は、私がいかに、お客さまを、お楽しませ出来るか、、、、責任重い〜〜〜
でも、このお料理なら、私の責任半分軽くなったような気がします。
美味いです!  乞うご期待。
by funny-girly | 2007-10-27 02:29 | 雑文 | Comments(2)
暇な時って忙しい。
なんでこんなに時間って早く経ってしまうのだろう。
朝起きて、、、あ、今日は暇だって、思えばこそ開けたパソコンだ。
なんて乱雑なデスクトップ(って云うのよね?使っていても、呼び名、名称、用語、、何も分からない私なのだ)に、隙間が無いことに気がついて、急にイライラ。新規フォルダなるモノを作って、分類したり、ゴミ箱に入れたり、、、あ、気がついたら日が暮れた。気がついたら、朝から顔も歯も洗ってない。
用事のある日には、どんなに時間がなくっても、朝シャン、朝風呂、汗だくになる。
その汗をかいくぐり、汗の隙間にファウンデーションをズルズルすり込み、お化粧なんかするって云うのに、今日はまだ、自分の顔を見ていない。
トイレに駆け込むときに、チラッと見たら、何だか見てはならないモノを見てしまった気がした。止めとこ、止めとコ、、、見なかったことにしようって決めた。
止めとコ、止めとコ、、、こんな生活。女優に戻れなくなってしまう、、、どころか、歌い手にとって、あるまじきこんな生活。
、、、、この日記は当然、非公開ですよ、ネ?




d0071099_611493.jpg
by funny-girly | 2007-10-25 06:13 | | Comments(1)
我が新派の、故菅原謙次さんの妹さん、小松原庸子さん、、、イエ、、、庸子先生って凄い。
邦楽、常磐津のお家に、お生まれになって、なのにスペイン舞踊、フラメンコに全てを捧げていらした。その舞踊団の質の高さ、センスの良さは庸子先生のお産みになったものなのでしょう。
そればかりではない。私みたいに、日劇ダンシング・チームのフラメンコ位しか知らなかった者に、素晴らしいアーティストを紹介下さっている。

ホアキン・グリロ。人間ってここまで生きていられるのか!!!???って息が止まった。
スタミナとかパワーとか、エネルギーなんて言葉では、とうてい言い表せない。
なんて生命力?!どうして、なんで、こんなに命が続くのってほど、踊って踊って踊って踊って、、限界の無い踊り手。
きっと命を召されても、彼のサパテアの足は止まらない、誰にも止めることが出来ない、たとえ、それが神さまであっても。
庸子先生有り難うございました。東京にいながら、こんなモノスゴーイ公演を拝見することが出来ました。庸子先生がアンダルシアからニッポンの、頼もしい大きな架け橋に見えて、眩しゅうございました。
by funny-girly | 2007-10-16 00:53 | 音楽 | Comments(2)
ここのところ、お食事の会が続いた。
食べ過ぎちゃいけないなんて、最初は、良心呵責をナプキンにしていても、話しが弾むうちには、すっかり忘れて、料理を次々に口に運んでしまう。

ウエイターがきいてくれた「お水はガスありのもの、無しのものどちらになさいますか?」私は無論ガス無しを頼んだ。でも、いつだったか、誰だったかから聞いたのを覚えている。
食事の前はガス有りの方が、胃の粘膜を刺激して、胃酸の出が良くなって、消化にも良いって。
冗談じゃあない。これ以上消化良くなってどうする。

オードブルは、まあまあ、皆さまと同じペースで頂ける。スープは、元々汁物はあんまり欲しく無いタチなのでかるーく頂く。次のお皿、、、魚料理等を食する頃に、腹の虫が調子に乗ってくる。
リトル ショップ オブ ホラーズのオードリーが胃の中に生まれるようだ。そして食べてる私に「フィードミィーエサ寄越せー」と責めまくる。ナイフとフォークが忙しくなる。メインディッシュはラッシュアワーの詰め込み状態で、フルコースの最初に戻って、も一度食べたいよーと、心の中で?腹の中で叫びつつ料理を口に運ぶ、、、、と云うか、この頃には、口が、どうしても、お迎えに出て、食べて、、、イエ、頂いてしまう。
そしてもう、どんな話しをしてても、頭の中は、デザートのことで一杯だ。

そんな中でニューヨークの水道水は、あらゆる都市の中で一番美味しい、って実に意外で面白かった。世界中を旅していらした方々のお話だ。美味しい良い水は、お茶を点てても美味しいんですって!  飲んで美味しいと思えても、お茶を点てると、何とも不味い水もあるそうな。
ニューヨークは岩盤の中から美味しい水が出てくるんですって。

こんなお話をお茶のお家元から伺いながら、、、あーーいっぱい頂いてしまった私って幸せ者です。本当に。
by funny-girly | 2007-10-14 08:19 | くいしんぼ | Comments(2)
薬師寺のお坊さま、仲良しの執事長と財界の方々との「企業と神さまの法話」なんて云う、楽しい会に出て参りました。
いつも私がいる世界と、全く違う世界。面白いです。

知らないことを知るって、ホントに刺激的。
楽しいです。この会の方々、10枚買ってくださった。            良重に戻って唄う八重子より
by funny-girly | 2007-10-14 00:37 | 音楽 | Comments(4)
私、今から胸ドキで務まるのかしら、、、、。
明日は、初めてのメンバーで、お稽古です。
初めてなので、人見知りの私、ビビッテます。
ギターの増崎さんを始め、「初めまして」の方ばかり。
しかも、皆さん、私の大好きな、歌手リュウさんの常連メンバーなんです。
あんな、あんな、甘い素晴らしい声の持ち主とご一緒の方達が、13年ぶりの歌に付き合うなんて、、、と、ビビッているって訳なんです。
でも、若いメンバーからきっとパワーを貰っちゃいます。増崎さん、キーボードの安部さん、みんなMacに取り憑かれている人と、お見受けしました。嬉しいネ。
d0071099_5484177.gif

by funny-girly | 2007-10-08 05:55 | 音楽 | Comments(6)