水谷八重子 タワゴト

by funny-girly

<   2008年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

だらしない私

あ〜〜あ、今日は、もう、ダメ。
ジムに行って来ました。
顔でバーベル上げるわけでもなし、
工事中の歯も、過激な運動、お構いなし、、になったし。

初めは、、、う〜ん身体を動かすって、気持ちイイーーー
だったんですが、家に帰って、お風呂に漬かって上がった途端、
デレデレ、ヘロヘロ、になってしまって、、、。

いまや、グッタリコン。
だらしないったらありゃしない。

あ〜あ、もう、寝ちゃいましょう。
by funny-girly | 2008-10-31 02:53 | | Comments(4)

はじめまして、、

有り難うございます。
ライオンに負けた私の顔、
大勢の方からお見舞いを頂いて、
ウルウルして嬉しがっております。

でも、お見舞いコメントをして下さっていない方も、
ご覧になっているんですね。!!??

昨日、ある方と打ち合わせの席上、
自己紹介し終わって、向き合って腰を下ろしました。

なかなかのイケメン紳士、、、と私は思い、
笑顔を向けました。
「ぐふふふ」私の顔を正面に見て、
彼は笑いを抑えられないように笑いました。

そして、私に「ライオンの顔は見えませんけどネ」
初対面も忘れて思わず「塗って隠しているんですぅ」

悔しい、、、、まだ、、オデコに蟹の甲羅が入った感じが残っている。
つまり、、、つっぱらかっているんですぅ。
by funny-girly | 2008-10-29 15:24 | | Comments(4)

馬鹿 ドジ 間抜け

悔しいぃ。
まだ、痛い。
顔中整形したみたいな感じが、まーだ残ってる。

誰が悪いんじゃない、ただただ自分の不注意。
それがまた、悔しいィ。
「クシャミ」最悪。
ハックションの後、しばしウウウだ。
「あくび」
傷口をストレッチするみたい。
「咳セキ」
ゴッホ「痛っ」ゴホ「イタ」コホホ「イタタ」となる。
悔しい。

でも何となくおさまってきた今、
やっと、振り返って見る気になった。
もう、かれこれ、、、2週間ほど前のこと。

寝室から慌ててテレビに走った。

踏んだ。
茶碗だ。
ガビちゃんの茶碗だ。
全員お揃いの茶碗、、、壊したくないって、とっさに思った。

足が宙に浮いて、膝でスライディング。
その先に、、、ライオンがいた!
つまり、テーブルが有った。
そのテーブルにライオンの顔の彫刻があった。

目から火花が散った。
しかし幸い目は避けて、オデコをメインにライオンを受けた。

手でオデコを押さえた。手がオデコに押されて膨らんだ。
タンコブってこんなに瞬く間に出来るモノと初めて知った。

冷やした。ともかく冷やして、一応、大げさだけど病院に行った。
CTを撮ってくれた。パソコンで頭の輪切りを見せられた。

シャレコウベの輪切りだ。
顎から脳天までスイスイっと見れる世の中なんだ!!!
オデコに見事な出っ張りが写っている!!!
タンコブってCTに写るんだ!!!

まあ、冷やすんですな、、、脳みそに異常はないと云う。

冷やした。ともかく冷やした。
タンコブは小さな丘になった。

5日目ぐらいからタンコブの色が変わってきた。
赤紫に色づいた。

さらに2日ばかり経つと、鼻に点々と色が出て来て、
目の周りがパンチって色に変わってきた。
ファンデーションを痛みに耐えて塗りたくった。

化粧を落として我が顔をとくと見た。
紫色の輪郭が、、、そう、、、
ライオンの顔をしている。

悔しさを通り越して、、、もう笑っちゃいます。
馬鹿。ドジ。間抜け。d0071099_12115041.jpg

ガビの茶碗
d0071099_12134462.jpg
そして、ライオン、、、
by funny-girly | 2008-10-27 12:32 | 何でしょネ | Comments(8)

あ〜あ神さま

原田真二さんのコンサートに行って来ました。
凄かった。ただただ凄かった。

てぃーんずぶるーす、の頃、私も「ATASHI」ってアルバムを出していて、
そのキャンペーンに行く先々で出逢ってました。
フォーライフってお揃いのブルゾンのカッコイイ4,5人の男性に囲まれて、
その真ん中にいた、クリクリのヘアーの可愛い男の子、、、でした。

彼って、才能がありすぎる!って感じ。
天が音楽的な才能を与えすぎてるって感じました。

でも、歳の積み重ね方が上手い!素敵です。
あ〜あ、神さま、、、私にも、ほんの少しでも良いから与えて〜〜〜

パリの友人、またメールをくれました。
載せて良いのか悪いのか分からないけど、、、載せます。
d0071099_1394381.jpg

by funny-girly | 2008-10-27 01:40 | Comments(0)

猫科

パリの友人から、楽しいネコ写真が送られて来ました。
彼が撮った訳ではないんですって。友達から貰ったって云ってました。
ブログに載せちゃって良いのかなあ????
でも、楽しみは独占してはいけないから、、、載せます。
見てね。d0071099_1522727.jpgd0071099_1543624.jpg
d0071099_1561013.jpg

猫のなる木、、、何処かしら?
by funny-girly | 2008-10-24 01:59 | ねこちゃん | Comments(2)

目覚まし

目覚ましは確かに全部、止めて寝た。
しまった、古い携帯電話のアラームを忘れていた。
「うるさい」心で自分を罵って、枕に埋もれた。

カシー、カシーと忍びやかな音がして、
静かにドアが開いた。
「しまった」トラがアラームを聞きつけたのだ。

ドスッとベッドに重さが掛かってきた。
気付かれないように薄目を開けてみると、
鉄腕アトムのシルエットが「ニィニャー」と迫ってきた。
慌てて寝返りを打って、寝たふりをした。無駄だとは分かっていた。

胸の上をドスドスと乗り越えて、
アトムの耳が顔に迫る「ニィンニャーッ」
「起きるんだろがぁ」と云っている。

布団を頭からかぶった。
わずかな隙間から、鼻が入ってくる。が、
絶対にトラは布団に潜っては来ない。
(腕枕で一緒に寝てくれれば、、、と何度試みたか知れない)
だから、、、息が苦しくっても潜ってさえいれば、
トラの目覚まし最終段階は免れる。
布団から出ている足とか、腕とかを順番にチクチクと噛むのだ。
あげく、胸の上乗って、頬骨とか鼻をカプリ。

一度、思いっきり突き飛ばしたことがあった。
その時は、それきり静かになって、もう一度ウトウト出来た。
気になって起き上がって見ると、
ドアの外にアトムの耳がジッと座って私を見ていた。
「トラ、そこに座ってたの!?」
ニンニャーと鳴いて飛んできた。
それ以来、突き飛ばしたり、突き落としたり出来ずにいる。

お昼まで寝ているのが、今日の予定だったのに、、、、
起きちゃった。

思いっきり良い天気。

カーテンを開けて、6人の朝食をあげて、
仏さまのお茶とご飯をお供えして、
溜まった通販雑誌に目を通す。

アッと云う間にご飯を済ませたトラが寄ってくる。
そのトラにディープが寄ってくる。
サムがベランダを眺めながらフンフン鼻をならしている。
パクトとガビーが追いかけっこを止めて毛繕いをしている。
平和だなぁ。


幸せなんだ私、、、ってじんわりと思った。

d0071099_11442769.jpg

by funny-girly | 2008-10-21 11:54 | | Comments(1)

感謝の心が一杯過ぎて。

一段高い板の上で、つまり舞台で、
一方的に、お客さまと接している事には、
慣れている。

慣れているって云い方でいいのかな?
決して慣れていて良いわけではない。
慣れのない舞台でなくてはいけない。

それでも、私の為に開いて下さった会合で、
わざわざ、いらして下さった方々とお目に掛かると、
どうして良いのか、、、頭がず〜と、ぼ〜っとしっぱなしで、
どうして良いのか、、、解らなくなる。
って云うのも、自分の感謝の念を、
伝え切れないって思って困ってしまうんだと思う。
舞台より遙かに慣れていない私なのだ。

先月、一杯お切符を買って下さった方から、
「ご免なさい、自分で観に行かれなくって」
いいえ、いいえ、ご覧頂けなかったのは残念でございましたけれど、
大勢さんお誘い下さって、新派をお広め下さいまして、
どんなに嬉しゅうございますことか、、、って、、、
そんな風に申し上げたいのだけれど、口から出てこない。
思う想いが喉に詰まってしまったって感じ。
あげく、、、
「、、、いいえ、でも、有り難うございました」
としか云えなくなってしまうのだ。
もっともっと、若くて可愛くてって時なら、
「人見知りィ」って事になるのに、いまやそうは行かない。

じれったい想いが後に残って、申し訳ない想いが一杯になる。

私って、、、人付き合いが苦手?
社交ダメ人間?
引き篭もり?

そのくせ、別世界の方々の、考え方や、お話を聞いているのは大好きだ。

私って、、、やっぱ、、、ヘン?


猫との付き合いが、一番向いているんだろうって?d0071099_17141156.jpg



ある会合で、ディズニーのバンダナを頂きました。
トラがマウスを締めています。テヘヘd0071099_1726337.jpg
by funny-girly | 2008-10-18 17:26 | | Comments(7)

あ、ヤバッ

ブログって、ストレスのゴミ箱かも知れません。
テーマも何もなく、思いつくままに、キーボードを打っていると、
心の中のわだかまりが、「送信」と一緒に消えているんです。

下手なエッセイを、頼まれればイヤとは云わず、
書いているのは、渡りに舟だったのかも知れません。

そんな、いい加減な私の雑文を、連載してくださっている新聞があるんです。
「ねこ新聞」って素敵な新聞なんです。

我が家のサムとチビ夫婦の今までのお話を綴っているんです。
一号おきに、私の話を載せてくれているのですが、、、。

奇数の月が、私の締め切り。
今は10月、、、、9月をすっかり忘れてました。
ヤバイ。ホントに。ご免なさい。

ブログ、、、書いてました。ご免なさい。書きます。
チビ&サム夫妻の実録を、、、。
by funny-girly | 2008-10-17 02:18 | | Comments(0)

ハプニング

大ファンのリュウさんのライブに行った。
その歌声、可愛いおしゃべり、素敵さはあったり前なんだけど、
後半に差し掛かったとき、出口近くから、お客さまの大きな声がした。
「仙台から来ているので、これで帰りまーす」と、
ステージのリュウさんに向かって手を振った。
すかさずリュウさんが、マイクから
「皆さん、サヨナラを云ってあげて下さい」と、
リュウさんも手を振った。

このとっさの対応が、実に自然で、素敵だった。
スイートベイジル一杯のお客さまが、それに答えた。
「さようならぁ」と、
客席みんなが手を振った。


リュウさんも勿論、素敵だけれど、
客席全部がお友達って雰囲気が、最高に素敵だった。
リュウさんのファンって素晴らしい。
この素晴らしさはどこから来ているのだろうと考えたとき、
彼の人柄からなんだ、と、気が付いた。

人の前に立つ者は、上手い下手の先には、
人柄ってモノが出てくるんだ!と、身が引き締まる思いだった。

でもネ、、、芝居で、役の人物になっているときには、
決して出来ない対応だったなぁ、、、、
聞こえても、聞かなかった振りをするしかないものね、、、
、、、、良い夢を見て、、、寝るとすっか、、、
お客さまに、、、良い夢を見て頂けるように、
自分を磨かなきゃ、、、、リュウさん、、、有り難う。
by funny-girly | 2008-10-10 02:14 | 音楽 | Comments(19)

本日は晴天なり

さあ、、、、
本日はあっぱれ秋晴れ。
美しい最高の陽気。
願ってもなかなかない好日。
そう!
今日は、スイートベイジルに行く日。


今日は、何事も忘れて、
ただただ、楽しむ日。酔いしれる日。
楽しいなぁ。新派を観て下さるお客さまで、
こんな気持ちになって下さる方って、、、
アアアアそう言う事は全く考えずに、
ただただファンに(ミーハーおばさんに)なる日でした。

るんるん、、、、、
by funny-girly | 2008-10-09 16:31 | 何でしょネ | Comments(0)