<   2009年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

想いは同じ六本木の夜

お客さまって、ファンって、本当に有り難いものです。

ああ、この方達のためにも、存在する意味(価値?)があるのだと、思わせて下さる。

私のブログにときどき書き込みをして下さる方のこの書き込み、
まったく私の想いと一緒で、、、、
また、ここまで思われてる方が、お幸せで、、、、
狭い書き込みの箱の中じゃコメントが(まるで、散文詩のよう)可哀想で、
引っ張り出しちゃいました。怒らないで下さいね。



水谷様のRyuさんへの温かいお気持ち。
水谷様にとってRyuさんの存在とは、
☆素晴らしい歌い手として?
☆時には恋人のように?
☆時には愛おしい家族の一員のよう?

以上全てですか? それとも? 
私はどうにもRyuさんを“好きになり過ぎてしまった”ようで
客観的に見ることは勿論可能なのですが、
存在そのものが、もはや自身にとって欠かせないものになっています。

今後のRyuさんの活躍。それはレーベル代表として?
プロデューサーとして?
歌い手としてのRyuさんの想いは?
歌うことに対しての情熱はそのままに?

Ryuさんは何処へ行ってしまうの?
おとぐすり...から旅立ってしまうの?


Ryuさんの歌を聴きたい!日本に居て欲しい!

私たちの想いより強く、Ryuさんはそのずっと先を見つめているようで、あの雨の日の六本木の夜は、
あんなに素敵なライブが聴けたのに、あんなに素敵なRyuさんを
見つめていたのに、切なくて悲しくて、霧のような雨は
まるで心の中を映しているようでした。


コメント有り難う。、、、、本当にそんな感じでしたね。

私にとってリュウさんは勿論、素晴らしい歌い手として存在しています。
ほとんど、中毒している?、、、あの歌声に。
依存症、、、聞いていないと生きていかれないかも。
そして、ある時、あの歌声に誘われる、、、私も唄いたいって。
そして、ある時、こんな風には歌えない、、、二度と唄うもんか、、って。

恋人のようには思えません。My momeryを唄ったとき、相手の恋しい人に、リュウさんを想像したけど、ピンと来ませんでした。ただ緊張してしまっただけ。ま、ご当人がいらしてたので、なおのこと上がったんでしょう。
家族のようでもありません。彼のオシャベリをきくと、田舎が好きで、大勢の家族が好きと、
良く出て来ますよね?

戦争中に疎開した家に、みんなが逃げてきて、一緒に終戦を迎えた、、、これが、私の唯一の、
家族の思い出であり、、、田舎(と、云っても熱海温泉)の思い出なんですよ。

ご一緒なんですね?中毒症、依存症、禁断症状にも見舞われるんですね?
CDを聴く。DVDを見る。これが薬、おとぐすり。

リュウさんは若い、まだまだ、これからの人。
これから、色々なことにぶつかって、苦しんだり、悩んだり、恋をしたり、傷ついたり、、、
そんな、こんな、経験が、もっと凄い歌を唄わせる。凄い曲に出逢わせる。又は、産み落とされる。山の頂上にいるときも、谷底に居るときも、彼の歌を愛し続けたいって、思っています。

あなたも、きっと、そうですよね?
雨、降って、地、固まる、、、さあ、雨、もっと、もっとお降りなさい。
私達は、平気、Singin' in the rainですわよ。ネッ?
by funny-girly | 2009-11-27 03:29 | 何でしょネ | Comments(19)

食べたい

ディナーショーに合わせて、大ダイエットをする。
たいがい、3〜5は落ちる。
落ちて軽くなって、いざ、ショータイム。

失敗した。失敗しちゃった。

落ちない。ビクともしない。

食べるのを控えるイコール根性が薄れる。集中力0.
お腹に力が入らない。、、、そんなことは、まだ良い。
食べてないと、目眩がする。特におじぎの時にグラグラする。

負けた。唄うことを頑張ろう。

でも、これって、年のせい?なの? かしらん???

悔しい。
今まで(50代の頃から)1.汗をかく。
2.イヤって云うほどお風呂に入る。
3.手の先、足の先、身体中を伸ばす。
4.食べる量を、お雛様のご飯程度にする。
5.間食をしない(一日一食が望ましい)これで全ては解決したんだワ、今までは、、。

あ〜ダメだった。

ジムに行っても体脂肪さえ落ちなかった。

「ご免なさい、お客さま」

痩せなかった分、身長で補うことにした。
どうしても、本番(唄うとき)に 履けなかった11cmヒールに挑戦した。

高所恐怖症って、こんな時にも影響する。
学者や博士が何と云っても、影響がある!!!

箱の上に乗って、それもウーンと小さなウーンと高い箱に乗って唄ってる気がして、
「落っこちるぅ」って恐怖に駆られる。
足が震える。ヒールがカタカタ鳴るのが、唄ってても聞こえる。
そうなると、一歩も歩けない。無論、おじぎが出来ない。頭の高い歌手になる。

でも、初めてやった。やれた、ブーツもパンプスも共に11cm。

スカートを踏んだ時には、めげたけど、スカートの悪口を云って、どうにか無事に動き回れた。

ヤッターーー!念願の11cm。

そして、足も攣らずにグッスリと睡った。
捻挫らしい右足の膝も、痛さを忘れた。
結構、、、神経性捻挫であり、神経性、、、デブ?であるらしい。


「大つごもり」の稽古は、2日から。
「麦秋」の稽古は3日から。

我が儘一杯、食べたい放題(連休だけネ)やってみた。

スタバのカフェラテの一番デカサイズ片手に、、、PC(猫缶のお買い物)いじり。
トニーローマのローマ・バーガーにケチャップとマスタードを思いっきり入れてガブリガブリ。
コンビニの105円のヤマザキのシュークリームの端に、カプリと噛み付いて、中のカスタードクリームをゥチューと吸い出して、手で押して、ペシャンコセンベ状態になった皮を食べた。

急におでんに気分が走って、走って買ってきて貰う。
売り切れ、売り切れで、ファミリーマートとローソンの二軒でやっと揃った。

味が違う。
ファミリーマートは、オーソドックスな、おでんの味の汁。
ローソンは、無国籍風なお味。きっと、牛すじとか、昔とは違うおでん種いろいろ入っているからなのだろう。
これからは、その時の気分で、コンビニおでんを選ぼう、、今日は和風、明日は無国籍ってネ。

、、、私ってジャンクフード専門店みたい。

さて、、、「大つごもり」樋口一葉さんの原文を読むのに、あまりのデブでもねぇ。
さっ、、、もう一度、食生活、反省、立て直しをいたしましょう、、、

、、、一月の「麦秋」のおばあちゃん、どっしりフックラしていたいしなあ、、、、
、、、シャリーズ・セローンみたいにはなれやしない、、、。



え〜〜〜猫籠は如何?
d0071099_19163183.jpg

by funny-girly | 2009-11-24 19:39 | | Comments(5)

感謝

有り難うございました。

終わりました。

今日は、、22日、、もう3日経っているのに、私はまだダメ。
ただの抜け殻。、、、燃え尽きました。

ひょっとして、上げ底無しの、11センチヒールに挑戦したセイかも知れません。
毎回、このヒールで、、、と思って、でも、本番は恐くって、、、
9センチで目一杯でしたけれど、、、頑張っちゃった。

増崎さん、安部ちゃん、賢太くん、オバヲさん、、、
そして、今回も駆けつけて下さった北村お兄さま。

贅沢な、、、素敵な装置を作ってくれた松村さん、、、その装置をいろんな風に見せてくれた照明の北内さん、、、

拾いにくい音質の私の声を、上手く拾って聞かせてくれた中村さん、、、

ヅァインプロの寺島社長と今村さん。
越路オネーマと旦那さまの時代から付き合いの、若林さん、、、

母のファンで通ってらした、青井陽治、、、青年。

何て、大勢の方々のお力を頂いているのだろう!!!!!

まだ、その他にも、赤坂プリンスのスタッフ、、、久能総料理長!
彼は、最初のショーの時のお料理に、私の我が儘を、嫌な顔ひとつせず、
思い通りのお料理を出して下さった。それから、、、
2度目の時には、人目を避けて隠れていらした。
脳梗塞で倒れられたんだとか、、、無論、お料理の解説も他の方がなさった。

それが、今回、シャキッと格好良い「グランドプリンスホテル赤坂総料理長」!!!
マイクを握って、ご挨拶、お料理の解説をして下さった。

今年の4月16日、私の誕生日のショーの時には、片手、片足、お話も不自由だった久能さん。
物凄いリハビリだったとか。

こう云う方達に支えられていたんです。

そして、私を受け入れて下さったお客さま。
優しく包んで下さったお客さま。
本当に、本当に、本当〜〜〜に有り難うございました。 
d0071099_1391741.jpg


帰国しているリュウさんからお花を頂きました。
増崎さん達「おとぐすり」ってCDの時の彼のメンバーなんです。
だから私達、みんなに贈ってくれたんだって思ってます。
d0071099_13273791.jpg


関西八重子の会の後援会長、鴻池会長奥さまとおいで下さって、
お花まで、頂いて、、、有り難うございます。

d0071099_13312474.jpg

「良重の歌のファンだよ」って仰有って下さる川淵キャプテンも初めて予定が合いました。
それだけでも嬉しいのに、、、お花まで、、、。

d0071099_13351954.jpg

九州場所中の貴乃花親方のご縁で、川淵キャプテンのご縁を頂きました。




名古屋の友人が「意外な人から花が行くよ」って、、、。
無論、お目に掛かったこともないんですが、、、
d0071099_13392314.jpg
d0071099_13395217.jpg


私って何者?   ひょっとしてアスリート?  相撲部屋に入れって!?


初めての博多座の時、美味い物屋のリストをFAXしてくれた、、、
d0071099_14231361.jpg

森口博子さん、、、安部ちゃんとライブが多いとか?

新派のアルバムを出して、そのキャンペーンの間中、ご一緒に各局回りましたっけ、、、
素晴らしい音楽家、大ファンの原田さんから、、、
d0071099_1425473.jpg


 やっぱり、、、私、、、ちょっと歌手なのかも、、、

お花、、、勿体ないナ、たった今日一日のために、、、と思っても、
それだけにやっぱり嬉しい、有り難いものです。
花束も、、、素晴らしい花束を頂きました。
「何故、ショーの最中に下さらなかったの?」
「イヤー恥ずかしいから」
皆さんにご覧頂きたい花束でした。有り難うございました。

後から聞いた話しなんですがネ、この日、結構、お集まりの会があるらしく、
若い男性のグループが、通りすがりに、鴻池会長のスタンドから、アッと云う間に、
赤とピンクのバラの花を、ポキッと折って、胸に挿して行っちゃった。
花盗人は咎められないって云いますけどネェ、、、

羨ましかったんでしょう、きっと。
本当に、本当に、有り難うございました。
by funny-girly | 2009-11-22 15:09 | 音楽 | Comments(2)

Someone in the dark

お天気になりました。
リュウさんを乗せた飛行機が、日本を離れたんでしょう。

私の頭の中に、胸の中に、目の奥に、心に、あのScarborough Fair が、
焼き付いています。
ドームでサイモンとガーファンクルを聴いた後だと云うのに。

マイケル・ジャクソンを偲んでYou are not alone (でしたよネ?)を聴いて、
急に、マイケルの、私の一番好きな曲(私って偏ってます)を聴きたくなって、
戸棚を探したら、、、、ありました。

今度、何時聴くことが出来るか解らない、あの、Scarborough Fairを思いつつ、
今夜は、Someone in the dark をCDにして、聴くことにいたします。

でも、音楽って何て良いのでしょう!
松井さんの6打点に、お客さんのMVPコールを聞いて、ジンワリしましたし、実際にMVPのトロフィーを握ってかざしたときも、無論、ウルウルしましたよ。

翌日のパレード(こんなの私、大好き)で、ニューヨークの摩天楼&紙吹雪!!!
そのテレビ画面に、チャンチャンチャチャチャン チャンチャンチャチャチャンって、
あの、ニューヨーク ニューヨークの音楽が流れたら、私、もうダメ。
ビービー泣いちゃいました。凄い力が音楽にはあるんだなあ、、、

その音楽を使って、女の、人間の感情を表現しよう、、、だなんて。
恐ろしいことに、私は挑戦しようとしている。ブログどころではないんだワ。

増崎孝司さま、リュウさんみたいに呼び捨てに致しません。
明日のリハ、よろしくお願い申し上げます。
by funny-girly | 2009-11-16 00:41 | 音楽 | Comments(6)

ん  最高

「JAZZ流」最終日でした。

良かった、、、、〜〜〜です。

また、アメリカの古い曲が、何であんなに「今」に聞こえるのでしょう。
それが、リュウイズムなんですね。

ナット・キング・コールの歌った歌、みんなリュウさんの歌で聴いてみたい。
あの、スターダストやラブレター等々。

スカボロフェア、、、なんて凄いんです?
美しすぎるぅ!!!
男性のファルセットで、あんなにハスキーに聴かせるなんて。
リュウさんどんな肺をしてるんでしょう!?!?!

あの、歌を、声を、持って帰りたいって、全員が思ったんではないでしょうか?

リュウさん、、、イエ、、リュウさま、素敵なひとときを有り難う。
d0071099_14215778.jpg

by funny-girly | 2009-11-14 14:23 | 音楽 | Comments(8)

大学

早稲田のアンティックなたたずまいに感動していましたが、、、

トラちゃんが通っている、東大も、どうしてなかなかのモンでして、、、
とは、云っても、東大赤門の方は、武藤先生との対談で一回伺ったっきり。

トラちゃんが通うのは、
「東京大学大学院・農学生命科学研究科・附属動物医療センター」
なのです。スッゴイ名前でしょう?
獣医さんを育てる所だそうです。

待合室は、悲劇を抱えた人とワンちゃん、ネコちゃん、フェレットも。
でも、構内は、、、良いのです。
d0071099_13401276.jpgd0071099_13403072.jpgd0071099_1341044.jpgd0071099_1341194.jpg
by funny-girly | 2009-11-13 13:43 | 何でしょネ | Comments(0)

リュウさんの、、、声!

今日は、リュウさんの歌を久しぶりに聴きました。

上手い。旨い。巧い。

何て、痺れる声なんでしょう、、、、

その声が、歌によって、100にも変わる。

何とも例えようが無い。

こんなに、こんなに、声そのものに、痺れちゃうのに、、、その声がこんなにも、色々の魅力、魔力を産む。素晴らしい、、、最高のバラードシンガーだぁ、、、あぁぁぁぁぁあ〜〜〜〜

今夜は、この、魔力に酔いしれて、、、、ディナーショーのことは、、ひとまず、お休み。
by funny-girly | 2009-11-12 01:27 | 音楽 | Comments(4)

都の西北

昨日は早稲田、大隈講堂の地下1階の小講堂で、泉 鏡花先生の「義血俠血」を朗読して来ました。

早稲田の演劇博物館で、新派120年記念、歴代の名優の展示をしているのです。

15日までです、、、。


この、大隈講堂、小講堂共に、何という雰囲気。たまらない雰囲気なんです。
ちゃんとしたカメラを使えない私ですが、必死に携帯を振り回して来ました。

1時間半に及ぶ、明治言葉の朗読で、汗がダクダク。
その後、大笹先生とのトークを済ませ、結構よれよれで帰宅。
テレビを付けると、森繁先生が、、、。

「まさかぁ」って気持ちと「またまた先生、芝居してぇ」、、、。
「でも、やっぱり、とうとう、、、」って。

先生の亡くなられたことも知らず、先生の母校に一日いたなんて、、、。d0071099_0314398.jpgd0071099_0322374.jpgd0071099_0344857.jpgd0071099_0351725.jpgd0071099_0364313.jpgd0071099_0371147.jpgd0071099_0453095.jpgd0071099_0381352.jpg
d0071099_0514948.jpg
d0071099_0393047.jpgd0071099_041131.jpg
by funny-girly | 2009-11-12 00:55 | | Comments(2)

今日は、トラちゃんの電気の日でした。

トラちゃんは、悪性リンパ腫と云われて、5月の末から、
化学療法をやっていますが、それに平行して、自然療法をやって頂いています。
今日は、その、自然療法の日だったんです。

私には理解できないんですが、ホースを輪にしたような物の中に、
ジッとお座りして、7分、、、ホースをひっくり返して7分。
合計28分、、自分の身体の電磁波みたいなモノのバランスを良くするのだそうです。

抗ガン剤で白血球が、半分に減ってしまって、注射が打てない週がありますが、
次の週になると、ちゃんと倍の多さに白血球が戻っているんです。

メシマコブが効いているのか、核酸のサプリか、オメガのおかげか???
どれ一つとして欠かせないって気がしています。

今日はお稽古ほったらかして、トラちゃんの運転手兼付き人に徹しました。

うるさい3兄妹とサム夫婦、トラちゃんの帰宅まで、ご飯抜きでお留守番でした。

児玉真二くんの所に行った、3兄妹の兄妹達のこんな写真を送ってきてくれました。
そう、5人兄妹だったんです。

あ〜あ  又しても、猫まみれの一日でした。d0071099_18512785.jpgd0071099_18514922.jpg
d0071099_190558.jpg


似ているでしょう?やっぱり
by funny-girly | 2009-11-07 19:02 | ねこちゃん | Comments(8)

Photo Booth

結構、充実した一日を送りました。

緊張の一日でした。

素晴らしい方、ばかりと、お目に掛かりました。


それから、、、、頑張りました。

歌! 歌詞! 発声! 記憶! 集中力!


夜になったら、、、、頭、プッツン。

PCのバカなモノを使ってみたくなりました。

でも、、、解ってくれます?  こんな気分。





d0071099_225386.jpg
d0071099_2262165.jpg



d0071099_2265149.jpg









誰か、友人、、、関係者は、、、バカ!って、云うだろうなぁ、、、、
by funny-girly | 2009-11-06 02:37 | Comments(5)

水谷八重子 タワゴト


by funny-girly