ブログトップ | ログイン

ないしょばなし

funnygirl.exblog.jp

水谷八重子 タワゴト

<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

やる?

やらない?

延ばす?

いろいろと刻一刻、情報が変わり、

事情が変わり、、、、

いらっしゃれなくなったお客さま。

余震の度ごと「恐くって東京になんかいけないよ」

、、、、私だって恐い。

悲惨なニュースばかりの中、何度「恐い。家に篭もってよう」

ニュースを見る度、揺れる度に思った。

でも、お客さまのキャンセルが少なかった。

「なさるんでしょ?伺いますわ」

やらなくっちゃ!!!!!

250人キャパのSTBたとえ1人のお客さまでも、やらなくては!!!!!

栃木の佐野から6人のお客さまが入らして下さる。

ハーブ園をやっていらして、ブルーベリーを育てていらっしゃる。

これから花を付けて、、、、放射能がどうなるんだろうって、

心配を一杯抱えているから私、行きますよ。って。  やらなくっちゃ!!!!!

やった。やりました。

支配人のお顔が、お客さまを「絶対に守る」って顔に見えて頼もしい。

ピアノの安部さんのいつも変わらない静かな小さなお顔。

竹久夢二の絵のような、ベースの山敷さん、

ヘアースタイルがちびまるこちゃんのドラムス沼さん、

横顔がポール・マッカートニーに似ている高山さん、

スタッフの皆さんに囲まれたら、もう、ステージしか無くなった。

音が出た。身体が弾けて声が出た。

Tシャツ姿のスタッフの中、どんどん進行していった。

夢中で唄った。ピューピュー声が出た。
(押さえが効かないって素人なんだナ、本番に貯蓄できなかったクスン)


楽屋でみんなが興奮していた興奮の内にお客さまが入っていらした。

客席にお入りになるお客さまがモニターで見える。

ああ、このテーブルが埋まった。有り難い。
こちらのテーブルにもお着き下さった。嬉しい。
キャンドルサービスを止めて貰ったためにテーブル上はちょっと暗い。
でも、スタッフの小さなメチャ明るい懐中電灯で、
いつもより(私みたいな老眼は)良くメニューが見えるはず、、、
、、、なんて時間がどんどん経って行った。

たった一人で出て行ったステージ。
お食事時のままのステージ。そんな風に出て行った私なのに、
暖かく暖かく、優しく迎えて下さったお客さま。

皆さんお立ち下さって黙祷して下さった。

優しい、暖かい、こんな、こんな方達に囲まれて、何て私、幸せ。

バンドを紹介して思いっきり唄った。
なかにし・礼さんの歌詞が私の胸の奥からの言葉だった。

「憂鬱そうな顔して、座ってないで、
グイッと空けなさい、ここはキャバレー。

踊りましょうみんなで、床をならし、
人生は祭、ここはキャバレー。

誰でも心に、悲しみの一つや二つはあるもの、
今日は今日でお終い、明日は明日。
誰が知るもんか、ここはキャバレー。

美しい女がいた。素晴らしい女優がいた。
  悩むのはお芝居だけ。生きるのは舞台の上。
その人が倒れたとき、何一つ残ってない。
  ボロボロの台本と、古い舞台の衣裳。

だけど、最高に幸せそうな、綺麗な寝顔だった、、、。

憂鬱そうな顔して、
座ってないで、、、
グイっと空けなさい、
ここはキャバレー。

涙もお金も、
墓場まで持ってはいけないもんだよ。

どうせ短い命さ、笑って過ごそう、
人生は祭、人生は祭、ここはキャバレー」

無我夢中、、、、こんなに、こんなに、お客さまにギュウーっと抱きしめられたって初めてかも。

有り難う、ありがと、有り難う、ありがと、、、、。

自分に出来るささやかな事、やっと出来ました。大勢のスタッフの力をかりて、、ありがと。


d0071099_12404897.jpg

by funny-girly | 2011-03-29 12:59 | Comments(11)
明日は、、、、いよいよ本番。

もう、今から緊張が体の芯を走る。

何度も何度も唄っている歌の歌詞がヒョコッと出なくなる。

初めての曲も7曲有る。


緊張してどーする!

やるって決めたのは、私!

こんな時にいらして下さるお客さまって、、、お客さまって、、、

本当に神さまに感じる。

嬉しい。生きているからこそ集える。集って下さる。

頑張れ!八重子!良重!生かして貰っているんだぞ!

ああ、来て良かった、、、って思っていただけることをしなくては。

本心、楽しんで頂かなくては!申し訳が立たない!

でも、本心は、、、お客さまにギューッと抱きしめられたい私なんです。

やっぱり、ダメオンナですネ
by funny-girly | 2011-03-27 12:23 | Comments(5)
用賀のスタジオで、リハ。

人見知りの私。(そう見えないところが可笑しい)

ピアノ&音楽監督&アレンジャーの安部さん以外は今回初めて。

みんな素敵なナイスガイ。

「さあ、通してやってみましょう」

安部さんの合図で、初めてのメドレーも何もかも唄った。喋った。

稽古場がいつの間にか消えて、STBの中にいた。

夢中、無我夢中、すべてを忘れた。

最後の曲を歌い終わって、皆、顔を見合わせて「イヤーキッツイ」

地震の怖さもすっかり忘れていた。

お客さまに、こんな風に、悲しいこと、辛いこと、恐いこと、等々

ほんのひとときでも、忘れて頂けたらって強く思う。

明日はSTBのスタッフがもう一度点検するという。

参加して、いろいろ、安全について話しを聞こう。

こんな時にいらして下さるお客さまに、もしもがあったらそれこそ大変。

でも、、、なんて凄い人だろう!安部 潤さんて。

私の大好きなTVのテーマを思い通りに作ってくれた。

頑張ろう。頑張らなくっちゃ。そう決めたら、もう恐く何てなくなった。
by funny-girly | 2011-03-24 00:51 | 音楽 | Comments(6)
何をしていても、恐い、、、んです。
気を紛らわそうとしても、、、揺れるんです。
もちろん、本当じゃありません、、、私の身体がです。

ソファにちょこんと座ってみる。
背もたれにもたれてみる。
グラッと揺れた気がする。

ビートルズに縋る。
ああ、すこーしやわらぐ。
覚えなきゃ、、、って方に気持ちが揺れる。

何てだらしないんでしょう!!!!!
私って。
人の役になんて立ちゃしない。

せいぜい頑張って節電どまり。
毛皮を着てる子達はそれでも暖ったからしい。
私の羽毛を昼だけ貸した。



d0071099_233726.jpg
d0071099_2325277.jpg


一人で寝室に行かれなくて、床の上に子供達とごろ寝です。
by funny-girly | 2011-03-21 23:06 | Comments(10)
いかに我慢無しの生活をしていたことか。

寒かったら薄着のまんま暖房を。
寝るのにちょうど良い明るさってテレビ付けて寝込んだり。
お風呂を何度も入れ直したり、点け直したり。
トイレはシャワートイレでなくちゃ駄目。

みんな、みんな、電気の力に頼ってる。

一枚厚着+マフラー
(家でマフラーしてちゃいけないって事はない)
分厚いソックス。それでも寒けりゃ手袋も。
(手袋ってこんなに暖かいって忘れてた)

ネコちゃん可哀想って暖房を入れていたけれど、
一緒に我慢ネって、使わないマフラーにホカロン入れて寝床に置いた。
小さくなってホカロンマフラーに乗っている。

出来るんですよ、私でも。
電気よ電気。有り難う。

大切に、大切に、有り難く使います。
by funny-girly | 2011-03-20 16:13 | Comments(2)
私は、戦争の悲惨さを免れて、苦労も成しに生きてきた。
それでも、大人達の苦労を、ほんの少しは見ていたのだろう。

箪笥の中の焼け残りの着物を持って、母が食べ物に換えて来たり、、、

ストック出来ないものは最初から使わないクセがいつの間にか出来上がっている。
クリームだって最低7個は確保してからやっと使う。

しかも、この頃は、ネットでお買い物だ。
幾ら以上で、送料ただ! これに弱い。

ついつい買い溜めをしてしまうのだ。
トイレットペーパーなぞ、置くところが無くて、一時玄関に置いていたこともあったっけ。
お陰さまで、ティッシュ、トイレットペーパー等の品を買わないで済んでいる。

母がいつも口を酸っぱくして云っていたお陰で、懐中電気もウヨウヨある。

平和になってついつい母の教えを忘れ、、、電池が少なくなっていた。
ご免なさい、、ついつい言い付けを忘れました。
電池、、、単4しか売ってません。

親指くらいの大きさで、ピッカって明るい小さな懐中電気。
裏にソーラーパネルの付いている、、、日向で充電、、、どっかに無くしてしまっていた。
やっぱり、駄目な、、、抜け穴オンナの私です。
by funny-girly | 2011-03-17 11:10 | Comments(9)
少しは、ましになりました。、、、かも。

テレビから離れて居られる時間が出来ました。

3月28日(月)がどうなって居るんだろうか、考え始めました。

こんな、こんな酷すぎる災害、私がなんの役に立つんだろう?
何の役にも立ちっこない。ただ邪魔になるだけ。うるさいだけ。

次々といろいろな催し物が中止になって行く。

ファンが待ちに待ったRyuさんのライヴが取り止めになった。
夏まで延期なのだそうだ。ガックリした。

こんな、恐ろしい現実、現実とも思えない現実に、
例えテレビででも向き合った今、
彼のあの独特な、優しい色気のある声に癒やされたかった。
ファンの皆さん同じ想いだろうと思ったけど、
Ryuさんのファンは物凄く優しい。
「早く危ない日本から韓国にお帰り下さい」、、って。


水戸のお客さまから行かれそうもなくなったわ、ご免なさい。
和歌山の友人が、ちょっと出て行きずらいなあ、、、ごめんね。
石川県の方も。

私がお客さまなら、当たり前のこと。行きませんよ、こんな時。恐ろしい。
絶対に東京に近寄りませんよ、当たり前。

でも、私はお客さまの立場にない。お客さまあっての私なんです。
幸か不幸か、舞台人の家に生まれて来てしまった私なんです。
最優先は舞台しかないんです。生まれた時からすり込まれている私なんです。

親の死に目にも会えないのがこの商売、、と云われて舞台を踏んできました。

生の舞台に「歌」も「芝居」もありはしない。
あるのは演者とお客さまだけ。

たとえ観客がたったお一人でも「観るぞ、聴くぞ」と仰有って下さったら、やるんです喜んで。
喜んで懸命に唄います。命掛けて努めます。

    SHOW MUST GO ON !!!!!

こんなカッコ付け云ったわたしでも、
こんな光景に癒やされております。

d0071099_035468.jpg

by funny-girly | 2011-03-15 00:56 | | Comments(11)
腰抜け! 腑抜け! ダメ女!

地震、、、ってなったらいつでももうだめ。

ふにふにふにゃひゃにゃ。

7人の猫達を守るんだ、、、なんて。
日頃、そう思ってても、ガタガターっと来たら戸棚を押さえてお祈りばかり。

相棒がトラちゃんだけにはリードを付けて抱っこした。
一番の恐がり屋パクトは、腰を落っことして全身総毛だってまるでオオカミ。
口をとんがらせて、ウヲヲヲヲヲオーーーーオーオーと遠吠え。
可哀想に恐くて恐くてたまんなかったんだろうに、それすら抱いてやれなかった。

何ともなかった東京にいてこんな私だ。

テレビで見るあの物凄い光景の中にはいろいろな方々が巻き込まれていらっしゃる。

何てこと!

ほんと何てこと!

津波の怖さをまったく知らなかった私。

飲み込まれた方々がいらっしゃる、、、何百人も。

何てこと。

完全に私、自分を無くしていた。

「新幹線は動きます。早くに出発して下さい」
裾野市の石井好子先生追悼のコンサートからの電話で我に返る。

へたり込んでいる場合ではない。せめて自分の出来ること、やるべき事をやらなくては。
フワッと持つべきドレスを新幹線用にカラカラに詰めたりして正気を保っていた。

必死に眠った。(ああどうぞ声が出ますように)
起きた。
神さま、私、無事にいます、無事に起きました。有り難うございます。

「コンサート中止になりました」

途端に力が抜けちゃった。

急にグラグラっと、、、来たわけではなかった。
血圧のせいか自分自身が揺れたのだった。

ああ  駄目な私。
自分をも保っていられない。

ああ 神さま、どうぞ、被災者の皆さまをお守り下さいませ。
私は私で何とか生きて行きますから。
by funny-girly | 2011-03-13 12:35 | Comments(6)
書きたいことがあるって訳でもなく、、、、

ただ何となく、、、、、頭に浮かんだことを、ポツンポツンと打ってゆく。

何にも浮かんで来ないんだなぁ、これが。

アルツ、、、っての、頭の中がこんな風になるのかなぁ。

春風の前兆なんだろうか?

昨日は、明治屋に行ってジャガイモ(メイクイーン)と玉葱、グリンピース、空豆。

アサリのむき身とひね生姜、なめこ、サーモンを買って帰った。

ジャガイモの皮向いてすり下ろして、鍋に入れて牛乳をどんどん入れる。

玉葱をすり下ろしたのを半分入れて、グリンピースと皮を剥いた空豆を入れる。

鶏のささみをお団子状に冷凍になっているのに気が付いた。

「悪いけど入れておいて、帰ってきてから食べるから」

後は全てご飯の中にぶっ込んで炊き込んでおいて下さいって出かけた。

パーティではみんなお寿司を召し上がっていらしたけれど、

何にも食べずに一目散に帰った。


へへへ、半分は人に押しつけた、衝動買いの衝動料理は美味かった!!
ただし、ビシソア青い豆入り、、、ってイメージだったんだけどぅ、
肉団子青豆入りマッシュポテトだった! けどネ美味かった。

炊き込みご飯の方は、、、、、梅干しと生姜の匂いが全ての食材に勝って、
漢方薬膳炊き込みご飯って感じだった。

結構、楽しいご飯だったっけ。
by funny-girly | 2011-03-10 12:28 | 何でしょネ | Comments(7)
春?  はる〜?
どこかに行っちゃった、春。
さっむい〜たら寒い。

トラちゃんも新しいお気に入り場所を見つけました。
家具を動かす度に、ネコちゃんの配置が変わるから不思議。

バリバリに引っ掻かれて、お客さまに「どうぞ」とは云えなくなった椅子。
バリバリ場所に、真園ありすさんから頂いた「ネコちゃん毛布」を掛けて隠して置き場所を変えた。
途端に、、、、みんなが押しかけた。
d0071099_2221586.jpg
d0071099_2213534.jpg

d0071099_221168.jpg

何の騒ぎサ
d0071099_2201950.jpg

ッタク、ルッセーーー

春は遠くっても、平和です。
by funny-girly | 2011-03-06 02:42 | ねこちゃん | Comments(8)