<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2013年春のSTB139のライヴ終わりました。

d0071099_0323887.jpg


曲目などちょっと書き留めておこう。
サブタイトルを「ジャズ歌手みたいに」なんて付けてしまったので、
The lady is a tramp
My funny Valentine
Ain't misbehavin'
Cry me a river
まずは、アメリカの歌で、、、。
ちょっと気取ってステージに居っぱなし。
d0071099_0342240.jpg


与之さん(遊女夕霧)
私はいけないおんなでしょうか(明治一代女)
女には恋(金色夜叉)
新派オリジナルも、、、。
d0071099_035741.jpg


百万本のバラ
Bohemian Rhapsody
あなたの声を聞くほどに
d0071099_0361341.jpg


カントリーメドレー
十数曲の西部劇メドレーとうとう客席に降りちゃった。
d0071099_036394.jpg


Cabaret
I'll see you in my dreams~good night sweetheart
いつもの通り、お見送りを、、、。
d0071099_0283160.jpg

ジャズライヴ風に演奏もたっぷりと。と、いつもと違う感じ。
安部さんのピアノやハルトシ君のチェロ、ギター等、
アドリブを聞いて居ると、聞き惚れて次の歌い出しを忘れそう、、、って、
こんなとこが、素人なんだろうな、、、。
プロならウンウンウンって乗って乗って声が出ってっちゃう。
素晴らしいメンバーに囲まれて。
d0071099_0252567.jpg

沼 直也さん、音楽監督ピアノ&キーボード安部 潤さん、
伊藤ハルトシさんと山敷亮司さん。

素晴らしいお客さまが相手役になって優しく包んで下さいました。
有り難うございました。


そして、それから2日後、
凄い五月晴れのなか、奈良の能楽ホールで、
平岩弓枝先生の「花影の花・大石内蔵助の妻・りく」
1人芝居の千穐楽を迎えました。

奈良の皆さま、薬師寺の方々、天理大学の方々、皆さまのご後援、
そして、大阪から駆けつけて下さいました後援会会長鴻池さま。
発信元の新潟りゅうとぴあの方、別れがたいスタッフの皆さん。

帰りの新幹線の中、、、うつらうつらと、時をさかのぼったりして。

花影の北海道シリーズまでさかのぼり。。。
登別の「滝の家」さんの大女将さんが亡くなって、お参りもしていないのに、
札幌に出来た茶寮「滝の家」にお呼び頂いた。ってところにさかのぼる。

う〜〜〜ん、今、思い出してもヨダタレもの。


北海道の恵みをふんだんに使い、繊細なお料理に仕立てあげる。
北海道で、和の芸術に触れました。ご馳走さまでした。
by funny-girly | 2013-05-13 17:31 | Comments(23)

時の流れが。。。

時の流れは早いものです。

「花影の花」。。。北海道の皆さまにお喜び頂けたようで、嬉しいです。
後、奈良を残すのみとなりました。

今日は、もう、後、6日後となったSTB139スイートベイジルのリハでした。

午後3時から、なんと、9時半まで、ガッツリとお稽古でした。

メチャンメチャンに忙しい安部 潤音楽監督が「通し稽古も」と頑張って下さいました。

今回は「JAZZ SINGER 」のようにって開き直ってみたのですが、、、

私がレコードデビューした頃には、横文字の歌はすべてJAZZって云われてて、、、

カントリーに憧れていたのにJAZZ。
ポップスを追いかけるだけなのにJAZZ.
へたすりゃハワイアンだってJAZZって云われていた時代。

経歴にも「JAZZ歌手」としてデビュー、、、なんて。

開き直っては見たものの、やっぱりJAZZなんて唄えない。
でも、素晴らしいバンドの面々で、ジャァジィな気分で。。。

今回、初参加のギター伊藤ハルトシさん。
(ヤダね、1984年生まれだって!)
3才からチェロを弾いている人。
一度、ぶつかってみたかったMy funny Valentine をチェロと。

リチャード・ロジャースのこの曲、ロマンティックって思っていたけど、
ただのラブソングではない。ドジで不器用なおかしな彼、でも、
そのままでいてよねぇ〜〜〜〜って。
やっぱり、日本語で伝えたくなっちゃった。

その辺に、安部音楽監督のアレンジの腕が冴える。
ヤダ!私、大緊張している。

d0071099_045503.jpg

ハルトシさんです。

d0071099_0484172.jpg

安部さんです。密かにピーター・ラビットと云っています。

西部劇のメドレーを懐かしいって仰有って下さる方が多いので再演を。
なんと「人には添うて見よ、馬には乗って見よ」って良く云った。
ドラムスの沼 直也さんがカントリーの超人だったとは!
13曲のメドレーではドラムスが一番苦労するのに。
13曲、総て彼が知っている曲だったとは!

楽しい、頼もしいメンバーに支えられて、思いっきり弾けたい。

勿論、私好みのドラマティックな曲も4曲。

しっかり新派の宣伝もと、生で唄うには難しい金色夜叉「女には恋」も。
これは、1978年に(ヤダ、ハルトシ君まだ生まれてない)
岩谷時子先生の作詞、中村泰二先生作曲のレコード、
新派の作品を10作品、10曲にしたアルバム。
今回、CDになりましてSTBでも発売いたします、、、ちょと恥ずかしいけど。
寝かせておくには勿体ない曲ばかり。
今回、この「ATASHI」から3曲を。

d0071099_1183642.jpg


ああ、私、頑張らなくっちゃ!ね?安部さん?
by funny-girly | 2013-05-04 01:36 | Comments(8)

水谷八重子 タワゴト


by funny-girly