<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

苦い苦い蕎麦の味

こんな、メールが、昨日になって届いた。

作家でも、エッセイストでも、何でもない私だけれど、
いえ、それだけに、馬鹿な苦労をして、必死になって書く。

書いた後は、ホッとしてすぐに忘れる。
忘れていたところにメールが思い出させてくれた。

***************************

水谷八重子先生

謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
過日、水谷先生に146号掲載分と致しましてエッセイご執筆のご依頼を申し上げ、
先生より御稿を賜りました。誠に有難うございました。

その後先生へゲラのご確認をお願いするなど、
ご多忙の中貴重なお時間を頂戴いたしましたが、
内容につきまして再度検討を重ねましたところ、
文中にご登場の高橋名人は弊誌のスポンサーである「新そば会」の会員ではないことから、
全国新そば会で配布するには難しいとの判断に至りました。

大変楽しく含蓄ある内容でございますが、今回の御稿の掲載はお見送りさせて頂き、
新そば147号(11月発行)へ再度お書き直しをお願いする次第でございます。

大変お忙しいところ恐縮ではございますが、
なにとぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。

また、原稿料をお支払いいたしますので、至急お振込先をお教え下さいますよう
お願い申し上げます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
***************************

一生懸命書きました。
料理一般、お蕎麦をウンヌンするなんて、おこがましい私です。
素晴らしいひとときの思い出を書き殴った雑文です。
使われなくなった、私の思い出。葬られた私の思い出。
ブログに残しておきたくなりました。
お暇な方はでうぞ。。。。

***************************

 もう何年くらい前になるだろうか。
 「ごくごく内輪での、お花見をするから是非どうぞ」ってお誘いを頂いた。
 
 お花見って事は、あの、悲劇の3・11の前の前の春だったように思う。
 実に魅力的なお誘いだった。
 場所がまず、憧れの三つ星レストラン。勿論、超一流のフレンチだ。
 シンデレラのお城のようなその場所を、
 一階から、四階までご自由にお楽しみって。
 各階によって、違うお料理をお楽しみって。
 あらゆるワインを取りそろえって…これは飲めない自分をチョッピリ恨んだんだが。
 
 そのお店のお庭に、桜の木がある訳ではない。
 玄関ホールイッパイに、桜の花が咲き誇っている。
 お店のオーナーのご自宅に咲いた桜がホール狭しと飾られているのだ。
 な、なんて贅沢なお花見!
 一階の1番広いお部屋は、何やらまだ準備中らしく、
 二階のお部屋で、ワインとオードブル。
 三階のお部屋も、それぞれのグループで楽しめるようにテーブル席がセットされている。
 四階が、ああ来なけりゃ良かった、デザートのお部屋。
と、その隣はバンド演奏があるらしいセッティング。
 
 各階で、勝手気ままに、フレンチのオードブルから、
 ワイン(ああ、詳しい人なら、泪とヨダレをたらすであろうに)オンチな私が一口舐めても、
 ビックリする美味しさだったから、せめて名前と年代くらいは…と悔やまれた。
 
 そうこうする内に、一階のメインのご準備ができましたので…とお知らせが。
 オナカの方もだいぶ落ち着いてきていましたし、もうしばらくして、
 皆さんがお戻りになる頃に…と構えていた。
 そろそろ伺って見ようかしら…と、一歩入って驚いた。
 
 フレンチの家具調度、豪華なシャンデリアの下に、
 大きな「コ」の字型のテーブルが置かれ、白い晒しがテーブルを覆っている。
 
 その「コ」の字の真ん中にオジサンが三人。
 ねじり鉢巻き、揃いのTシャツ。胸には大きなダルマさんの模様が。
 キョトンとしてる間に、ざるに載ったお蕎麦とつゆが運ばれた。
 やっと私は思い出した。招待状に書かれてましたっけ!
    「桜をめでて、高橋名人の蕎麦を楽しむ」

 訳も解らぬまま、フレンチに引かれて来た私だったんです。
 
 ま、ともかくメインのお蕎麦を一口。
 
 違うんです。今まで私が知っているお蕎麦とは。
 何処が?と云われても、何も云えはしませんが、とにかく、違うんです。
 魔法のようにツルツルツルツル、留まるところが無いように、
 入って行ってしまうんです。
 あっと云う間の出来事でした。
 気が付いた時には、すでに、もう、ザルは空でした。
 
 しばらく我を忘れて、ボーッとしていました。
 今、私がズルズルって食べたのは、確かにお蕎麦だった?
 お蕎麦って、こう云うもんだって、勝手に決めつけて、
 今まで真面目に味わったことがなかったのかも知れない。
 でも、違った。確かに違っていた。
 たかが蕎麦、されど、されど、何処にもない蕎麦だった。
 
 あの時いがい、あれ以降、まだ一度も出逢っていない。
 何処の、どんなお蕎麦を食べても「これじゃない」って思う私がいる。
 あのダルマ模様の高橋名人のお蕎麦に出逢ってしまった私って、、、
 幸せだったんだろうかしら?
 それとも、あの味を知ってしまった私って、不幸だったのかも知れない。

 ***************************

 蕎麦について何でも良いから書け、、、って云われて、
これ以上の蕎麦については何も書けない私だった。
 
幻の高橋名人、、、蕎麦にも、派閥があり、こんな幻の人でも、
何処かの会員、派閥に属しているのかしら、、、。

***************************
by funny-girly | 2013-08-01 11:09 | Comments(8)

水谷八重子 タワゴト


by funny-girly