水谷八重子 タワゴト

by funny-girly

<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大阪での「スーパー喜劇・かぐや姫」のお稽古も後、2日。


「2月の末に原稿を頂ければ」って云われて、

ああ、月末で良いのね。。。って軽く引き受けた原稿。

ハッと気が付けば、、、今月は2月。

2月であって、ウルードシって訳じゃない。

お稽古が午後3時半からって事もあり、

原稿、、、頑張ってみました。


パソコンの世界はドンドン変わる。

新しいモノは良いものだ!古いモノは悪いモノ!

そんな価値観を植え付けたのはPC世界。

どんどん良くなるものはそれでも良いが、

原稿用紙のソフトが使えなくなった。

人の書いたモノを、読んだり、覚えたりして商売してますが、

書くって云うのは、難しい。

でも、テーマは、大好き猫のこと!

それも、大事な大事な我が子、トラさまの闘病記。

これは、書き残してやらなくっちゃ!

字数は1600字。

新しいブックに変えて来ちゃったので、

原稿用紙が入ってない。

決して本書きって訳じゃないからこだわることもないけれど、

原稿用紙が無いと、どの位、書いてしまったんだか分からない。

トラが悪性リンパ腫との戦いを、と言われてのだから、

ママとしては頑張りましたよ。
by funny-girly | 2015-02-27 07:53 | Comments(3)
かぐや姫、、、、。

可愛いお話になりました。

藤山直美さんの「かぐや」がこれまた可愛い!
可笑しいんだけど、、、可愛い、、、んです。
おしとやかじゃ無いんですよ。もちろんね。

それが、私のムスメなんですから。
でも、反抗して「碧い星」に行って竹から生まれちゃう。。。

なんて、みんな話してしまいたくなっちゃいます。

叱られそうだし、ご覧になってのお楽しみをなくすし、
この辺でやめておきましょう。

かぐや姫のオッカサン、、じゃない母で月の女神の私。

甲斐正人先生のオリジナルの歌があるんだけれど、
演出家の齋藤雅文先生、、、新派の仲間なんですがね、、、
歌詞が意外と覚えにくい。    なんて内緒だけど、
けっこう苦労してます。

でも、こう云う苦労って、後から楽しく感じる物なんですよね。

大阪のホテル暮らしでは「アメリカンアイドル」見れなかったけど、
KBSワールドの「不朽の名曲」が見れてます。
でも、チョン.ドンハが最初だなんて、、、、。

いけません、、、緊張をしていない私。

かぐやのオッカサンはチョー頑張りますね。
夫で太陽の王さま、上条名人にふさわしい妻となれますように。
頑張ってお稽古を大阪でしているので、
ついつい、、、松竹座って思ってしまっていたら、
今日、演舞場の楽屋割りを渡されて、あ、帰って演舞場で幕を明けるんだって。

うふふふふ、、、、凄い衣裳ですよ!
26日の衣裳パレードが、死ぬほど楽しみ!

ご期待下さいませね。
可愛い愛ムスメとその孫とのファンタジーパレード!
by funny-girly | 2015-02-23 00:55 | Comments(6)

一瞬!

平成27年、

2015年、1月がもう!終わった!

14年間、自主公演でやっていた「大つごもり」。
私は朗読、詠み人しか演らなかったけれど、
三越劇場・初春公演、本公演で、
初めて「山村あや」役をやった。

あの意地悪なケチな女将さんにも、
意地悪くする訳があるってことが分かった。

娘のお産を手伝いに行って、心配し尽くして、
ヘトヘトに疲れて帰ってみれば、
お給料払ってやとっている,小女の女中はボーーっとしている。

ま、そこには主役、小女のつらい事情があって、
お客さまの泪と同情をかうんだけれど、、、。

時代のズレを心配していた「寒菊寒牡丹」も、
若手のトリプルキャストで、
目まぐるしく娘が変わって、ズレの心配どころではなかったし、
瀬戸摩純、石原舞子、鴫原 桂、それぞれがそれぞれに、
立派に演じながら、個々の個性をみせてくれて、
頼りない母親役の私を楽しませてくれた。

そうなると、お客さまが乗って下さって、
やはり川口松太郎先生。
古めかしさの中に、親子、肉親の情をしっかりとしっとりと。
新派は、この、古さが良いと、お客さまに教えられた。

今、思えばアッと云う間に終わってしまった気がする。

さらば、2015の1月よ。
この、この、ひと月は、もう二度とないんだ。
この、この、一瞬だって、もう二度と。

大切なんだナ 人の一生って。
あ!もう! 2月!
お正月が消えて、ヴァレンタイン。

さあ、チョコレートにまみれましょうか!
by funny-girly | 2015-02-07 01:50 | Comments(8)