桜散る

ブログなんて、最初から人に見せる物として書くもンじゃない。
自分用の、心のメモ帳、日記帳?なのだから。
何時からだろう、、、人に見られるのを意識して書くようになったのって。
多分、原稿を頼まれて、なかなか書けないので、ブログに逃避を試みた。
逃避しながらも、書かなくちゃあ、、、って、罪悪感に責めさいなまれつつ、
逃げのブログの方も、人に読まれるって云う意識満々になっちゃったんじゃないかしら。

思いつくとジッとしていられない、、、これは、父の血だと母は云う。
母は思いついたら、それなりの知識人に何気なくポツリと相談。
その感触が良いと、何となく、、、こんな風なことをしてみたいのよ。
と、周りからそーーっと人に相談して行く。

その内に「おやりなさい! おやりなさい!」って人が御神輿を担いでくれる。

母は、此処までユルリユルリと慎重だ。
そう云う運命の下に生まれて来たのか、どうなのかは知らないが、
兎も角歩調が緩い。
危ないモノなら、その間に壊れてゆく。
「失敗」ってない人生だったように思う。

私は?  と云うと「春だ!桜だ!急げ!散っちゃう」
すっかり桜が、青々とした頃にコンサートなり、なんなりになる。

慎重に、人の云う事をじっくりとは聞かない。
これもパパの血だと、昔を知る人は云う。

でも、、、心の中に、胸の内に、何だかイッパイ溜まってきてしまうんですもの。
青井陽治、、、青井ちゃんが、青井先生が側に居てくれてたら、
何てコトのない世間話のウチに、それとなく、コンサートの意味を見つけてくれる。

大切な、2人といない、先生ィェ友人を亡くしてしまったことが、
何より痛い!

青井ちゃん、春はもう去って行く。
夏にしましょうね。
夏に、思いっきり唄います。
夏までに、色々なアイディア授けて下さいネ?
# by funny-girly | 2018-03-31 11:04 | Comments(4)

。。。

書きたいことは、あるのです。
それは、ある程度、人に読んで頂きたくもあって書くのです。
ある意味、イヤらしいですね。
もう、辞めましょうかね。
# by funny-girly | 2018-03-25 23:05 | | Comments(4)

また逢う日まで

富士山の裾野、裾野市でのコンサート。

皆さんのお歌を伺っていて、初めて気が付いた。

シャンソンって、命の尽きる歌詞が実に多いっていうこと。

石井好子先生を偲ぶ会なので、そう云う歌が集まったのかも知れないけれど。

私もセ・フィニってお別れの歌を唄ったけど、、、。

セ・フィニ 誰でも行き着く場所は知ってる。
恋も、人生も、終わりがあるのさ、、、って。


疲れて返って来たら、、、、

逢いたくっても、もう会えない人との写真が気になってきた。
此処に乗っけて忍んでもいいのかな???


こんな素敵な方のサポートで、「良重」って名前と別れたんだっけ。
d0071099_1352239.jpg


そして、こんな素敵な相手役とも、、、もう、、あえない、、、
d0071099_13554633.jpg


あらいやだ、、、決して逢えない訳じゃない。
         しばらくは未だお目に掛かれないってだけですね。

ええ、未だ未だ私。
当分は私。

こちらでバタバタと暮らし、面影を偲んで心を休めさせて頂きます。
# by funny-girly | 2018-03-11 14:13 | Comments(2)

富士山の麓に。

今日はこれから、富士山のすぐ下の、裾野市に行って参ります。

石井好子先生の思い出の地です。

大勢のスターさんの中に混じって、先生を偲びます。

もう一度、いいえ、何度も何度もお会いしたい先生。

d0071099_947580.jpg


ここには、もうひとつ思い出が、、、忘れられない思い出が。

いつでしたかしら?

石井先生が、急遽、ご出演になれないとのことで、

私が、生意気にも出演させて頂いたことがありました。

その時、1回だけ憧れのリュウさんと同じ舞台に立ったのがここでした。

良く晴れた日で、リュウさんは富士山に夢中。

写真撮りまくりでした。

フィナーレ、並ばせて頂きました。

自然に手をつないで、、、。

その時のスナップです。

d0071099_2405184.jpg

# by funny-girly | 2018-03-10 09:48 | Comments(0)

お雛さまの誕生日

青井ちゃん、、、

青井先生の先生は辞めておきますね。

今日はおひな祭。

お誕生日でしたかしら、、、。

いつも、毎年、かならず、私は忘れてましたね。

今年も、、、そうでした。

いないんですねぇ、、、もう。

考えられない。 考えない。辛すぎる。

今の私よりも、今の青井ちゃんが幸せであることを祈ってます。

病って、暴力なんですね。お見舞いに行った時、そう感じました。

ノックダウンされちゃった! って思いました。

そのことに一番おどろいていたのは青井ちゃんって思いました。

おどろいている。びっくりしている。驚きのあまり、動けずにいるって思いました。

でも、こんなに悲しくって、情けなくって、泣くに泣けなくって、、、

たぶん、仲良しの姉弟を亡くす時って、こんな想いなのかも知れませんね。

ひとりっ子の私には良く解らないけれど。

こんなことも考えます。

「ただいま〜」って「あ〜良く眠っちゃった」って帰って来るような、、、

そんな気もします。


「肺炎です!」云われって、白衣に囲まれて「ヤバイ」って思った時、

私、こんな病の気迫に、青井ちゃんは、負けたんだなって思いました。

負けてそのまま、ずるずるっと沼の中に引きずり込まれたんだろうな、って。

思いっきり両足を踏ん張って「未だダメ!」って頑張りました。

頑張れない時が来るんですよね、、、いつかは。

そんな、想いをお誕生日にしてしまいました。

70回目のお誕生日、母が、越路のお姉が祝ってくれているって思ってます。
# by funny-girly | 2018-03-03 22:01 | 悲しみ | Comments(2)

セ・フィニ

たったの66才で大杉 漣さんが亡くなった。

一度もお目に掛かった事はないけれど、ショックを覚えた。

ご自分でも、狐に摘まれたような想いでいらっしゃるのではないだろうか。。。

人間、生まれて来た以上は、確実に死ぬ。

「死ぬ」んだなぁ。 終わるんだなぁ。って改めて思った。


ヴァレンタイン・ライヴに後、9日と迫って、こじらせた風邪が辛く病院に行った。

「緊急入院!」肺炎だった。白衣に囲まれて、これで?私、死ぬ?、、、って思った。


まだイヤだ!

ヴァレンタインに何とか這いずってでも、会場に行って唄おう、何事もなかったかのように!

闘志は満々に湧いたけれど、、、声も無事に出ていたけれど、、、力が出ない!

頑張っても頑張っても、いつもの力が湧いてこない。。。情けない。。。

お客さまに心で詫びながら、、、何とかお終いまで漕ぎ着けた。

こんな、死にザマをお客さまに見られてなるものか、、、って思った。



私を育ててくれた、母の一番上の姉さん。

母とは20才年の差があったから、厳密には母もその、水谷勢舞、アーチャマに

育てられたのかも知れない。厳しい人だった。ガンガン叱られた。

完全に私の母だった。母は、外で働いて、父の代わりだった。

そのアーチャマが80才を過ぎる頃、毎年、冬になると、心臓発作に見舞われた。

明治の倹約家のアーチャマは自分用に暖房を付けなかった。

温かい部屋、寒いトイレ、発作を起こす材料は一杯あった。

発作を起こすと、見る間に顔の色が変わっていく。

黙って見ていられず、背中をさする。

細い細いアーチャマの腕が、信じられない力ではね除ける。

それほど苦しいらしいのだ。そして救急車で山王病院に。

そのケースが4年続いた。

5年目の2月、、、ベッドにキリッと座ってアーチャマが言った。

「私はね、本当に幸せよ。何から何まで幸せなのよ。幸せだって事、覚えておいて頂戴ね」

何を急に、珍しいお説教じゃないなんて、、、。

翌日の明け方、、、そーっと、アーチャマは眠りに付いた。

2月19日、、、昭和43年、、、50回忌を過ぎた。

いいなあ、、、そんな風に言えたらなぁ、、、。


ヴァレンタイン・コンサートにいらして下さったお客さま、翌日が99回目のお誕生日!

私、まだ、まだ、弱音吐きません。

頑張ります。1人でもお客さまがいらして下さるかぎり。
# by funny-girly | 2018-02-22 17:01 | Comments(4)

時の過ぎゆくままに

早い〜〜〜〜
早い〜〜〜〜
もう!2月ですよ。
節分に熱を出して、、、、ちょっこと寝込んだら、
もう!ヴァレンタインですよ〜〜〜。

唄います!
ええ!唄いますとも!

まだ、、、お雛さまの話は無しにしておいてね?
d0071099_17112062.jpg
d0071099_17101683.jpg
d0071099_1791041.jpg
d0071099_17879.png
d0071099_1765460.jpg


ま、どんどん思い出は増えて行く、、、。
# by funny-girly | 2018-02-12 17:14 | Comments(2)

家族、、、

家族、、、例えそれが架空の家族であっても「家族」

稽古と同時に生まれて来て、稽古が進むに連れて、

どんどん「家族」になって行った。

もともとが、「劇団新派」って家族の中に生まれた「家族」だから、

家族の結びつきも強力だったんだろう。

また、家族の生みの親、山田洋次先生の「家族力」も強烈だった。

千穐楽がこれほど辛いことも稀だった。

今、、、密かに祈っている、、、もう一度、この家族が集まれますように、、、と。
d0071099_12174611.jpg

# by funny-girly | 2018-01-29 12:18 | Comments(5)

富子でございます。

芝居って面白い。

本当の家族でもないのに、何となく家族の様に感じてしまう。

芝居でしかないのに、家族の「愛」なんだなって錯覚してしまう。

う〜〜ん、芝居って、魔物なのかも知れない。

今日はもう「中日」。

マラソンの折り返し地点だ。

家族は、まだまだ続く。

でも、、、この家族の、生みの親、山田洋次先生に会いたい!

いつも、いつもそう思っている、お祖母ちゃん平田富子なんです。

私って、、、進歩しないんじゃないかしら、、、?。
# by funny-girly | 2018-01-12 08:05 | Comments(5)

平成30年!

30年、、、なんですねぇ。

平成が、、、もう、、、30年になったんですねぇ、、、。

アッ  明けましておめでとうございます。
  本年も、どうぞ、よろしくよろしくお願い致します。

まだ、、、31日を、大晦日をひきずっている私でございます。

と、言いますのは、31日の舞台稽古、から、まだ目が覚めていない感じなんです。

嬉しい、、、嬉しいんです。

ステキ過ぎるんです、山田洋次先生が。

新春早々、先生の新作を、先生のもとで出来る!

しかも、先生が今までにない熱さで導いて下さる。

通し稽古が終わってからのダメ出しに、「男はつらいよ」の1作目のお話しをして下さった。

何故か胸がアツ〜〜クなって涙がツツツーって。

さあ!明日、初日が開くと、第三の相手役であるお客さまが参加なさる。

さあ!喜んで参加して頂けるように、平田富子は頑張ります。

ええ、お父さんとの離婚に踏み切るんですから、、、。
# by funny-girly | 2018-01-01 03:41 | Comments(10)

平田富子と申します。

昨日辺りから、やっと家族の顔が見えて来ました。

ってことは、最初は家族の人間と重ならず、喜多村さんは喜多村さん。

児玉君は児玉君だったんですが、、、。

ああ、この偉そうにしてるのは私の長男・幸之助。

石原舞子じゃなくって、長男の嫁の史枝。

長女は瀬戸摩純じゃなくって嫁に言った成子。

気の弱い可愛そうな旦那は、児玉君では無くって、成子の夫の泰蔵。

家族が、家族の人物に見えてきました。

さあ、後、ひと息、、、私ってどんな?どんな人?

まだ、それが掴めてない。

亭主は呑兵衛。遊ぶこと大好き。

関白亭主。

そんな中で、自分の時間を作っては、カルチャー教室に、創作教室に通う。

自立を目指している女、、、が亭主の着替えを手伝い、、、汚い靴下を洗い、

ワイシャツを洗う。

密かに「離婚届」を隠している女、、、平田富子。

さあ、もうそろそろ、合体しなくては!

私で無くならなくっちゃ!

平田富子、イコール、私、、、にならなくっちゃ!!!

八重子も良重もかき消えて、、、富子で感じ、富子で考え、富子で生きて行かなくちゃ!

d0071099_1035590.jpg

d0071099_1045989.jpg

# by funny-girly | 2017-12-22 10:09 | Comments(7)

アッ! アレ~~~~~

あああ、、、

もう、もう、もう、、、、

「大つごもり」が終わっちゃった???

あああ、、、

「家族はつらいよ」が迫って来る???

あああ、、、

な〜〜んて、なんて、時って早く経ってしまうの???

こんなんだと、、、私、、、

アッと云う間に、人生終わっちゃいそう、、、、、
# by funny-girly | 2017-12-18 19:30 | | Comments(2)

無、、、。

時間って、何て早く過ぎ去って行くんだろう、、、。

アッと思うと、もう、もはや夜の夜中。

しまった! あれもしていない、これもしていないのに。

あらまあ、もうこんな時間? 早く寝なくっちゃ、、、。

ハッとして目が覚める、、、なーんだ、まだ5時。

未だ未だ寝なくちゃ損しちゃう。

ハッとして目を覚ます。アレ~~〜もう!お昼!

こんな、私に猫もホトホト呆れている。

さあ!ガンバ! もうじき稽古が始まる。

さあ、、、張り切って、、、眠りましょう、、、。


d0071099_37105.jpg

まったく何の意味もなく、サムとアル・パチーノ。
# by funny-girly | 2017-12-01 03:09 | 何でしょネ | Comments(5)

取りあえず、、、。

まあ、友人の手助けで、何とか昔の画面に出逢えて、、、。

フリーズしている間にも、嬉しいコメントを頂いて。

本当に本当に、心から感謝の気持ちで一杯です。

どうか、どうか、二度とこんな、いきなり世界が変わるような事がないようにと、祈るばかりです。

未だ、安心するには早いような気も致しますが、

本日は樋口一葉さんの祥月命日。

一葉記念館での一葉まつり。大つごもりの朗読を終えたばかりでヘタヘタです。

次にはきっと、お楽しみ頂けますようにと腕をさすっております。

どうか皆々さまにおかせられましては、幾久しゅうご贔屓ご鞭撻のほどを、

スミからスミまでズズズイ〜〜ッとぅオンねがぁ〜いあ〜〜〜げたてまつりまするぅう。
# by funny-girly | 2017-11-23 18:52 | Comments(6)

書きたいことが書けないブログ。。。

写真を一杯に入れて、
大切なページを作りたかったのに、
一夜にして方式が変わってしまって、写真の入れようもなにも、、、
解らなくなったった。

友人が、一緒に考えてくれるって。

だから、、、何時かは思い通りのブログが、
戻って来てくれるかも知れない。

それまでは、オシャベリの私、我慢、我慢、我慢。

オネガイね?忘れないでいて下さいね。

# by funny-girly | 2017-11-10 11:13 | Comments(6)

盆、盆、盆の16日は過ぎたけど。

あらら〜

いつの間にか、東京のお盆も、関西のお盆も過ぎてしまった。

ウチのお盆は、母が彼方へ行った時から、勝手に変えてしまっていた。

7月の東京のお盆で、お迎えして、、、お送りぜずにずっと居て貰って、

関西の送り火の時にお帰り頂く。

とうとう今年もお構いもせずに帰って行ってしまわれた。

ご先祖さまも、、、トラちゃんも。

トッチが1番元気で多分しあわせだった時だろう。
d0071099_10251975.jpg

d0071099_1030438.jpg
              最初の頃には、まだこんな幼さが残っている。
d0071099_10363279.jpg

      とにかく可愛い。朝に昼に夕に、夜にやってるストレッチ、これ又思い出。d0071099_10432624.jpgd0071099_10423484.jpg
d0071099_10483224.jpg
     ストレーッチ




d0071099_1132249.jpg
d0071099_105951.jpgd0071099_115611.jpg
d0071099_11172955.jpg
d0071099_11162554.jpg




































これだけじゃなかったね。
ほとんどのスタジオ番組制覇したっけね

d0071099_11265952.jpg
d0071099_11253469.jpg





































私にとって初めての猫と云う生き物。こんなに気持の通じ合える仲間とは知らなかった。

後からやって来た、この子達とも上手くやっていってくれた、それは私のため?
トラ、トラチ、トラ子、   お盆が終わっても、トラは返さない。

もっともっと、もっとぉ、一緒にいようよね。トラ?トラ子?トラッチ。
もっともっとぉ、もっと思い出話ししょうね。トラ。トラ子。トラッチ。

# by funny-girly | 2017-08-17 11:34 | Comments(2)

ハッピーバースデイ

暑いです。

蒸しています。

折角の母の誕生日ですのに。

母は1905年神楽坂、余丁町って所で生まれました。

神楽坂の赤城小学校を卒業していますが、

松井須磨子、島村抱月さんの芸術座で、子役をやりました。

その芸術座があったのも神楽坂なんです。

須磨子さん演じる「アンナ・カレーニナ」のセルジーと云う男の子の役で、

舞台を踏みました。母の女優のスタートが神楽坂なんです。

今日は、そんな母の誕生日。

元気でいた頃は、お弟子さん達を招いて、

ご飯を食べて、みんなが楽しそうにするのを眺めて、

喜んでいた母でした。

ですから、母のお弟子さん(最長老も)と、

「神楽坂」で中華を食べようと思っています。

何となく、懐かしい感じがするお店です。

さあ、出掛けましょう。

帰りは多分、土砂降りでしょうね、なんせアメオンナでしたから。
# by funny-girly | 2017-08-01 15:10 | 雑文 | Comments(5)

スポーツ!

暑いですネ。。。

本当に暑いですネ。。。

何をするにもしないにも、

暑いですねえ、しか出て来ない。

こんなに、暑いって感じたことはなかった夏なのに、

太ってしまったセイなのか、信じられない暑さ。

何をするのも、嫌気がさす。

さあ!今のうちに、この曲を、覚えておこう!・・・でも、暑過ぎるから。。。

それも良いじゃない「南国の〜〜〜」って唄ってるんだから。。。

南国って、暑さが違うんじゃない?

こんなにベタベタしい暑さではないはずだわ。。。

あ、お相撲、始まる。

宇良が痛いのがマンして取り組む。

白鵬関さん、記録塗り替えた!

見なくっちゃ! この偉大な横綱と同じ空気を吸えるんだもの、見なきゃ!


ああ、もう放送が始まった、、、どこ?

今日はどこで中継見られるの? あ!やってた!

ああ神さま、野球の神さま、どうぞ、巨人勝たせて下さいませ。

ああ、田口君、頑張ってる!

可愛いな、。。(失礼) だってむかし流行ったモンチッチみたいに可愛いんだもの。

ああ、,,良かった!勝った勝った!勝ったぁ〜〜〜。


ああ、あ、草臥れた。

相撲に野球、汗がベッタリ。

もう、10センチも動くのヤだ。
# by funny-girly | 2017-07-21 11:55 | | Comments(3)

初めての体験

何だか、蒸し暑い。

肥ったセイかしら。。。暑い。

暑さが身に滲みる。

そして、私の精神を蝕んで行く。

な〜〜んっちゃって云うとカッコ付くけど、

つまりは、コンサート終わって、サボリ癖が付いちゃったってこと。

ああ、何とか、立ち直らねば!

スケジュール見て、翌日が何にも無いとホッとする。

その、ホッとするって根性が成ってないってことは、

良く解っている。


私が、ここの所、夢中になってやった初めての体験、

それは「ヤフオク」だ。

藤浪小道具さんが,持って来てくれる「長火鉢」が欲しくなって、

小道具さんのご指導のもと、ヤフオクに初めて参加した。

「あなたが落札しました」ってメールの来た時の嬉しさ!

またまた、不安にも成った。

「辞めてよ!新派の芝居でこんな火鉢使えないわよ!」ってな、

代物が来たらどうしよう!ドキドキ待つ内、届いた!

舞台でいつも使っているって代物だ! 

適当に使い古してある。嬉しいもンですね!

さあ、これだけじゃ、使えない。

「大つごもり」では、鉄瓶も掛けるし、煙草も付ける。

銅壺(こんな字を書くって初めて知った)からお酒も付けなくてはならない。

また「ヤフオク」で探した。

出来たばかりのピッカピカのもあった。

適当に使い古し、つまりは生活感のある品を、落札出来た。

嬉しいな!

待てよ。。。火鉢に灰は付き物だ。

まさか灰は、オークションに出てはいないだろう。

ググって探した。

な〜〜んだ。楽天でも、Amazonでも売っていた。

何キロ買えば良いのかしら。

また、小道具さんに聞いてみた。

「さあ、、ねぇ」

さすがの小道具さんも知らなかった。

あって当たり前で持って来てくれるからである。

取りあえず、5キロ買ってみた。

入れてみようとした。

ホールに運ぶのにヤッカイだからとあきらめて、

ビニール袋のまま火鉢のネコ板の上に置いてある。

長火鉢、そのものの置き場がない!

応接に置こうとして,慌てて辞めた。

ニャン子が爪を研がないと云う保証はない。

11月6日まで玄関の上がりがまちに、小さくなって置いてある。

御免ね。長火鉢さんと銅壺さん。
# by funny-girly | 2017-07-10 03:26 | 雑文 | Comments(8)

ぁあ・・・抜け殻

終わりました。

母を何とか、語ったつもりでおりますが、

新しく増やしたところを飛ばしたり、、、。

スライドを投影する方をヒヤヒヤさせっぱなしたと思います。

滝の白糸の間奏のピアノ、あまりに素敵で、聴き入って,唄うのを

忘れそうになりました。

つくずく、、、大勢の人たちに支えられてこそ、

出来るのだと,改めて感謝です。

構成演出の青井陽治先生。

音楽監督、そして進行を見守って鍵盤に指を掛けてくれている安部 潤さん。

伊藤ハルトシさん、池田達也さん、沼 直樹さん。

芝居の仲間のオーディオのSBSさん。

シワを飛ばしてくれる照明の北内さんとパックの皆さん。

アタフタと心配をしてくれる舞台監督の中川大輔さん。

汗で溶けて仕舞う私の顔を、コンサートのテーマに合わせて、

お化粧をしてくれる、資生堂の鎌田由美子アーティストさん。

受付から着替え、お客様のことなどコマゴマと気を使ってくれる、

劇団新派の女優陣のお弟子さん。

特別出演してくれた、春本由香ちゃん、

大好きな「はいからさんのラブソング」を唄ってくらました。

「はいからさんが通る」は母の企画でした。

その時「私もご馳走で,女学生で出るわ」と云った母。

演出の三木のり平先生、かるーく、「だめだめ、ご馳走にならない」

母がチョッピリむくれていたのを思い出しました。


1番、大切なのは、、、お客さまなんです。

唯一の相手役なんです。

素晴らしい相手役を務めて下さいましたお客さまに、、、

ただただ、感謝。ありがとうございました
# by funny-girly | 2017-07-05 05:09 | Comments(6)