素敵な、そして悲しい、写真です

公演中に嬉しいお客さまの訪問がありました。

薬師寺の長老さま、松久保秀胤長老の奥さまが、こんな写真を下さいました。
ネパールの寺院で、お坊さまが修行中、、、って見えませんか?



d0071099_21182412.jpg

実は、平山郁夫先生がお亡くなりになったとき、薬師寺絵殿で先生のお作に向かってお経をあげていらっしゃる所なんですって。胸がシーンとなってきます。



d0071099_21214760.jpg



この絵の最後の一筆をお入れになる平山先生と松久保長老さまです。

by funny-girly | 2010-01-29 21:28 | Comments(2)

Commented by ふくちゃん at 2010-02-02 13:07 x
私も平山画伯の絵を実際に見た事がありました。ちょうど画集が販売されていて、絵を見終わった後に先生のサイン会がありました。凄く優しい笑顔で一人ひとりに接してくださっていました。長野に一度だけ行ったときに
善光寺さんにお参りに行ったのですがく思いでのある風景が先生の絵にあたたかく描かれていたのが印象に残っています。奥様が宮城の出身という事もあり、松島を訪れて絵を描いていたそうです。奥様が子供の頃に家族写真を撮った場所を、先生がスケッチされてました。テレビで見ていて、素敵だな~と感じました。
Ryuさん、ファンミの写真のカタログでは、どれも優しい表情でした。早速注文しました。
Commented by funny-girly at 2010-02-02 14:21
ふくちゃんさま
素敵な方でした。奈良に行くチャンスがあったら、是非、この絵を見て下さい。玄奘三蔵と一緒にシルクロードを旅した気分になりますよ。
タリバンに壊された石仏が先生の絵の中には、無事に描かれています。