節分会

もう、節分でした。
もう、1年が経ってしまったんですね。

ヤダ・・・ハヤッ。
あっと云う間に、また巡ってきた節分だけど、
2011《去年》何を着て行ったか何て覚えていない。

今年は年女じゃないので掛け持ちはなく、いつものように、
芝の増上寺さんと浅草の浅草寺さんに行った。

増上寺さんは、檀家でも何でもない。
母の縁で長年のお付き合いなのだ。

川口松太郎先生が母に当ててお書きになった「皇女和宮」
これが、ご縁の始まりだった。

増上寺さんには和宮さまが祀られている。
そんな訳かどうか知らなかったが、
和宮さまのご真筆の掛け軸が出て来た。

アパート住まいで掛け軸には縁がない。
増上寺さんにお返しした。

その内、ご住職が作家の寺内大吉先生になった。
「良重ちゃん、和宮の芝居で全国を回ろうよ。私が脚本を書くから」
なんておっしゃって頂いた。
もう、、、どのくらい前の事だろう?

般若心経を唱えて、福銭を頂いて、枡を持ってお豆を蒔いた。
一杯スポンサーがあって、色々な物も一緒に蒔く。

スナック菓子の袋の角が目に当たらないかと冷や冷やしつつ蒔いている。
今年は、中村玉緒ちゃんに会えなかった。
朝丘雪絵ちゃんにも会えなかった。

ひまわり講の皆さまのご厚意に感謝しつつ芝を後にした。

浅草に向かう。
急に景色が、雰囲気が変わる。

学校に行っていた頃、浅草は行ってはいけない場所に入っていた。
お婆ちゃんが云った「人が大勢いて危ないから」

銀座育ちの私だったが、浅草に入った途端に何故か「懐かしい」って感じるのだ。
何なのだろう?何故?どうして懐かしいって感じるんだろう。
日本人の、東京人の何か、原点の一つがあるからかも知れない。

駐車場に入った途端「握手」って手を引っ張られる。
手帳やら、色紙やらが突き出される。

「あ、私、芸能人なんだわ」って思い出す。

そして控え室に通されると、芸能人ばかりなのだ。
皆が、人生の先輩を立てている。
ここにいると自然にそうなるのだ。

内海桂子師匠は今年90才。
私よりもお元気だ!!!

綿入れのチャンチャンコを着ようかしら、可笑しいかしら?
「来て下さい!」って思わず云ってしまった。

般若心経の中、枡を渡される。お豆しか入っていない。
思いっきり投げられる。
一番前に、猫チャンを3匹、肩に乗せた男性がいる。
猫チャンに豆があたらないように急に気にする。
その隣には、黒の三つ紋の紋付きを着た、茶色のワンちゃん。
これ又、ぶつけないように、しかしワンちゃんの乳母車には、幾つか入るように蒔いた。

浅草・・・良重から八重子に変わった町、浅草・・・

襲名の色々なキャンペーンの中、
「水谷良重って一体どこに消えてしまうの?」って想いで一杯だった。

それが、浅草、浅草寺のお練りをしている時、浅草の人達の「八重ちゃ〜ん」って声を、聞くうちに
「私は八重子になったんだ」って、初めて思った。
疑問がかき消えた。

二代目・水谷八重子はここから生まれたように思う。

・・・このまま、ここから、真っ直ぐには帰れない。
大黒屋の真っ黒な「天丼」を食べなくては・・・

d0071099_2112179.jpg


d0071099_21123980.jpg


ずっと付き合ってくれた新派の矢野淳子ちゃん・・・

d0071099_2114414.jpg


食べ過ぎて苦しくって!とこんなお顔・・・

舟和にも寄ってデザートをして帰った。

玉川スミ師匠、体調を崩されて、お目に掛かれなかったのが淋しかった。
by funny-girly | 2012-02-04 22:08

水谷八重子 タワゴト
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31