コンコンチキチコンチキチ

さてもさても、すっかりブログにご無沙汰を。

未だ未だ死にはいたしませんわよ。
このブログ,funny girl。

6月の三越劇場の「金色夜叉」の間がまるっきり跳んでいる。
朝が早い。
セリフが大変。
足の指の骨折が痛む。

何だか三重苦で懸命に努めた舞台・金色夜叉。
いま、思うと、必死だったけれど、楽しい芝居でした。

常識を逸脱している色気違いのような赤樫満枝。
結果、実は、常識にかなった生き方の女・赤樫満枝。

挑みがいのあるお役でした。
でも、合格点の取れた回があったのか、どうか。

無かった、、、と、思います。
ああ、もう一度、挑んでみたいって思っています。
間 寛一さんの風間さん、是非その時には、是非ともよろしく。

そして。。。
むせかえるような暑さの中、
脳味噌が沸騰しそうな祇園祭の熱。

そのど真ん中での「東京物語」。
え? お客さまがいらして下さっている。。。
祇園祭の中、南座はいつも空いていると聞かされていたのに。。。
ゲリラ豪雨の中、お客さまが入って下さっている!

え?お祭りの最高潮を過ぎたのに、お客さまはいらして下さっている。
とうとう、千穐楽まで。。。
大入りを頂いて帰京。

しばし、ニャンコにうつつを抜かし、やっとブログに辿り着いた。

忘れないでいて下さいね。
私もブログを持っているってことを。
何の取り得もないけれど、御託を並べているってことを。

祇園祭の京の空。
d0071099_15192684.jpg


嵯峨に行って、懐かしい辛し豆腐を。
d0071099_15215022.jpg

d0071099_15235351.jpg


もう名前忘れちゃった。爽やかな貝柱の貝。
d0071099_15261221.jpg


夏野菜の冷たい炊き合わせ。
d0071099_15274975.jpg


ハスのうてなに乗って登場。。。

京都は千穐楽を迎えたが、愛知県知立市
石川県小松市、新潟県見附市と
後、3回公演出来る。

ああ後、3回で平山医院の家族が終わる。
でも、新派家族に終わりはない。
by funny-girly | 2013-07-22 15:36 | Comments(21)
Commented by EmilyDyers at 2013-07-22 16:05 x
久しぶりの更新。
お待ちいたしておりました^^
ず~っと、やめないで下さいね。
Commented by hakodate-no-sito at 2013-07-22 17:49
誰が忘れるものですか、「ないしょばなし」。
首をながーくしてお待ち申しておりました。
「又、書く気になりました」と仰って約2カ月。ホッといたしました。

それにしても辛子豆腐の美味しそうなこと。
薬味をパラリ、醤油をタラリ、一口噛むと辛子がトロッピリリ。
妄想が膨らみます。よだれが出かかります。
Commented by ふくちゃん at 2013-07-22 18:00 x
お疲れ様です!8月23日、仙台の3婆公演を見に行きます。父には内緒、母と行きます。チケット入手には、八重子様の事務所の方に多大な尽力をして頂き、感謝です!
Commented by funny-girly at 2013-07-23 00:10
EmilyDyersさま
早速のコメントを有り難うございます。
やめませんわよ。おしゃべりですもの。
Commented by funny-girly at 2013-07-23 00:16
函館のシトさま
美味しそうでしょ? いや、実際に美味しかったんですわ。
森嘉さんって老舗の豆腐屋さんです。
向かい側にある「翁」ってお店なんです。
初めて入った時にはそれほどでもなかったのに、
行くたびごとに進化し続けているお店です。
水戸黄門の撮影帰りに寄ったのが最初でした。
Commented by funny-girly at 2013-07-23 00:20
ふくちゃんさま
藤崎デパートさんの友の会公演ですね。
このデパートは大の老舗で、社長が代々名前を継ぐんです。
私の襲名のちょっと前に、今の社長がお父さまのお名を
お継ぎになったので親しみを感じております。
お留守番のお父上さまによろしく。
Commented by タマうさぎ at 2013-07-23 11:47 x
八重子さん、待ってました~!
久しぶりに、楽しいブログにお目にかかれ嬉しいです!
ブログのない日は、ツイッターで八重子さんを追っかけて
いました~(^O^)
「金色夜叉」は、赤樫満枝の登場で、とっても舞台が引き締まり、
さすが八重子さん!と、何とも言えない心地いい余韻に浸った
ことでした。
先月のTBS・TVの八重子さん、トラちゃん達との憩いもさること
ながら、3台の電子機器(パソコン等?)を操る八重子さんに吃驚!
憧れの八重子さんの日常生活が垣間見られご満悦のタマうさぎ
でした(^O^)
6月末よりスイスに行き、アルプスの絶景を堪能しました。
いつも八重子さんから「うさぎパワー」を頂いているので、
今月4日元気に帰国出来ました。
暑さ厳しい折、くれぐれもお体お大事に…。





Commented by 浪花のべっぴん at 2013-07-24 00:20 x
久々のブログ更新、待ってました~!嬉しいです(^_^)
京都南座公演「東京物語」、15日に母と一緒に観に行かせてもらいました。
家族の絆、温もりを感じるいいお芝居で、これぞ昭和の家族だと感じました。
それと、病に倒れる時の八重子様のしぐさ、美しかったです。新派の皆さんって所作が綺麗ですよね…。私も見習わなくては。
ますます暑い日が続きますので、夏バテなさいませんように…。
Commented by funny-girly at 2013-07-24 10:34
タマうさぎさま
まあ!そんなに私ごときの拙文を追って頂けるなんて、何と申して良いか解りません。ただただ、感謝です。良いですね!スイス、アルプス。。。読んだだけで空気が美味しくなる気が致しました。これから3日間、東京物語です。
Commented by funny-girly at 2013-07-24 10:45
浪花のべっぴんさま
お母上とご観劇下さったのですか!あお家族のお母さんより、我が娘は何て優しくて。。。と、お喜び下さったのではないでしょうか?パタっと全身意識が無くなる。。。そんな難しい死に方この芝居が初めてです。お医者さまに聞かなければ良かった。
普通、新派の芝居だと、偉い役者さんばかりだったせいか、ただ、寝ているだけの所は、小道具さんの人形です。
映画監督の山田先生はそのキャストが演じる(?)のが当たり前なんです。腕を1回ピクリとするだけで、あとは小道具同然に、動けないんです。思いました「動かないのも芸のうち」だって。
Commented by 婆美以 at 2013-07-24 12:09 x
その見事な動かなくなり方を8才にも見せたくてお伺い致します!
八重子様の「動かない芸」は、やがて来る大きいばあばとのお別れへの心構えを教えて下さると思います。

8才もやがては自前で新派を観劇するようになると思います。
もちろん、八重子様もご出演なさってる公演です!
いっしょにたのしめる夢、元気が出ます~!
Commented by バンビ at 2013-07-24 12:57 x
以前ブログに書かせていただき、消していたのですが、もしやと思って開いてみたら入っていて、嬉しく思いました。こういうのを待っていたのです。新派が好きで公演を楽しみにしている者です。猫ちゃんはの方は。猫専門のマガジンに書いておられる由、そちらに一杯書いて頂いて。これからもお暇ができましたら、。お願いします。
Commented by funny-girly at 2013-07-24 16:23
婆美以さま
コメント有り難うございます。そうなんですよ。新派のファンって方は、お母さまに連れられて、、、とか、祖母が好きで良く、、、。何代か続いてくださったものです。でも、今、そこで途切れてしまうんですよ。8才さんが大きくなって、恋をする頃に、新派も元気でいなくっては!お互いに、子育てをいたしましょう。
Commented by funny-girly at 2013-07-24 16:34
バンビさま
お帰りなさい。貴重な方です!愛犬家の方は、お散歩に連れて行って他の愛犬家と交流出来ますが、ニャンは、、、。ついついブログ&ツイッターなどで交流するんですよ。犬カフェがなくて、猫カフェがあるのも、そんなことからでしょう。私はいわゆる「芸談」ってのが大の苦手です。語れる芸なんてありませんもの。でも、時々は更新しますので、時々は覗いて見て下さいね。
Commented by 一葉(にゃんママ) at 2013-07-25 01:39 x
八重子さんのブログにコメントを書くのは初めてです。
「東京物語」京都南座大入りのまま千穐楽おめでとうございます。
このお芝居は名古屋公演があると思っていたら、なんと知立市でした。
やはり名鉄ホール、中日劇場、御園座がネックなんですね。
何とか名古屋でも公演をして頂ける様に、私に出来る事探して頑張ってみます。
何が出来るかまだ分かりませんが、芸どころ名古屋、芝居どころ名古屋の名が廃りますから。
それまで是非ご自愛頂いて、待っていて下さいね。
約束ですよ。
樋口じゃない一葉より
Commented by funny-girly at 2013-07-25 02:37
一葉・にゃんママさま
コメント有り難うございます。名古屋、もう10年以上行っていないのでは。淋しいかぎりです。名鉄、中日、御園座どの劇場にも、思い出がいっぱい。なのに、名古屋は呼んで貰えないまま、劇場がなくなって。せめて、ブルーノートを、とライヴ頑張っております。でも、なかなか伺う自信がありません。
Commented by 婆美以 at 2013-07-26 23:07 x
拝見しました!8才も全然飽くことなく鑑賞!本当に有難うございました。
本が好きなせいか劇中人物の気持もどうにか察したようで、連れて参った甲斐がありました。とはいえ、、やはり子供達の登場場面では身を乗り出してました~!!
「動かぬ芸」場面は『役者さんって、こういうこともしないといけないの…』と感動してました!!
8才と一緒で何となく若やいだ観劇でした。帰路『また観に行きたい』と聞いて本当に嬉しく思いました。
八重子様、皆様、どうぞいつまでも楽しませて下さいませ!
Commented by ??にゃん at 2013-07-27 13:16 x
東京物語、観ました。私達は、50代の夫婦で息子が東京に、娘はまだ家におります。
夫婦で見終わった後、うちも将来東京物語に、なるかも。息子の所に行っても一泊やなぁ、などと話がはずみました??
また、京都に来られるのを楽しみにしています。ブログも猫ちゃんのことなど楽しく見てますので続けて下さいね??
Commented by funnygirl at 2013-08-01 11:20 x
婆美以さま
嬉しいお話し、頼もしいお話し有り難うございました。今とまったく生活や環境が違うのを不思議がっていらっしゃいませんでしたか?時代が変わっても、お子さんまでも、観て下さる!
やっぱり、山田洋次監督は観客の心を掴む名人なのですね。
素晴らしい監督に巡り会えて、新派も、私も幸せ!ってつくずく
改めて、今、感じております。
Commented by funny-girly at 2013-08-01 11:34
□にゃんさま
ご観劇、有り難うございました。
まだまだ不自由だった昭和のお話しを、我が家庭に置き換えてご覧頂けるって嬉しいです。東京のご子息きっと、何日でもって歓迎して下さいますよ。きっと。でも私のセリフにありましたっけ。「幸一もかわりゅんしたよ。」って。みんな、我が家族の生活だけでイッパイなんですよね。また、京都に伺えますように。
Commented by レンちゃんの友達 at 2013-11-01 00:53 x
新派も八重子さんも健在なのを知って嬉しくなって、いきなりコメントします。実は僕は全く無名の作家なのですが、2,3年前から、ふと昔テレビで見た新派の芝居が懐かしくなり、こんな話が新派の舞台で再現できたら見たいなあなんて思いながら、一つの作品をかきあげたのです。題名は「東山の空に」、京都の花街に生きる人々の物語で、水谷さんにやって頂きたい役は、夏絵という置屋のお母さんです。もし読んで何らかのインスピレーションがわいたら、脚本に換えてお送りします。僕には功名心はありません。書きびと知らずでいいのです。チベットの高僧がこんなことを言っていました。この世でもっとも尊いものは、清らかに澄んだだ美しい心だと、ぼくの嘘偽りのない心が、あなたの心の奥底の清浄なる領域に届きますように・・・。どうか原稿の送り先をブログでおしめしください。おまちしています。
<< 苦い苦い蕎麦の味 終わりました。もう思い出。 >>