終わっちゃった。。。

初日の幕が上がると、千穐楽がやってくるのが当たり前。

分かってはいるものの、淋しさと、無事に、ぶっ倒れることもなく、
花道から落っこちることもなく、何とか最後まで努められたという想いで、
燃え尽きて、燃え尽きて、抜け殻のようになってしまいます。

悔しいけれど、年には勝てないと云うことなのでしょうか。。。
28年前に、この、お登勢を演じた時には、力が余りまくって、
いろいろ、イタズラを考えて、全国を旅して廻りましたっけ。

今は、ただただボーーーってしております。

最初、想いを寄せる龍馬、中村獅童さんの若さとエネルギーに、
目が眩む想いで、お登勢が龍馬に寄せる、想いが、母性に見えるかどうか、
イヤらしく感じられないかどうか、役を離れた心配ばかりでしたが、
ある時、獅童龍馬が、いたずらっ子のような、何とも可愛い笑顔を
見せてくれた時に、くだらない心配が、一気に消えて仕舞いました。

龍馬は、お登勢のヒーローであり、放っておけない存在になってしまったのでした。
目に見えない、堪らない愛おしさが湧き上がって来て、、、
それが、千穐楽でした。

嬉しい出逢いでした。
これからも、こう云う、何もいわない、役と役同志の、
もう一つの+アルファーの出逢いがあったら幸せと思っています。

色々な、感情を下さった中村獅童さんに感謝の心で一杯です。

有難う獅童さん。
有難う勤王の志士の皆さん。取り方の皆さん。旅人の皆さん。
寺田屋の従業員の皆さん。

慣れない新派を助けて下さった国立のスタッフの皆さん。

有り難うございました。

そして別れの辛いエル君。有難う!
又、いつの日か、国立の舞台を踏める日を夢見ております。
by funny-girly | 2016-03-31 01:34 | Comments(3)
Commented by kita at 2016-03-31 17:37 x
全身全霊を込めての舞台だったのですね。
私は、初代の舞台を拝見したことがないので、水谷先生が私にとっての初代です。
三越劇場や演舞場の良さもありますが、国立劇場は空気が違って感じました。
また、国立の舞台を拝見したいです。
Commented by funny-girly at 2016-04-01 03:11
kitaさま
明治も遠くなりました。明治時代の現代劇をする新派は、
歌舞伎から昭和までを結ぶ大事な演劇になったと自負しております。これからの役目を、内閣府などに認めて貰わなくてはなりません。頑張ります。必死で頑張ります。
Commented by kita at 2016-05-06 12:47 x
5月4日から全国公演が始まり、宮崎、鹿児島と無事に終わられたのですね。
やはり、今日は中止でしたか。熊本の復興を願っています。
実家の母が、神戸公演に行けることになり、とても楽しみにしています。
連日の公演・移動で大変でしょうが。皆さまが心待ちにしています。
<< ヤッホーーー ああ、数え日 >>