お暑いからかしら?

どう考えても、私って人間は、育ち損なっている。

どう考えても、そうとしか思えない。

時たま、鏡をみて、、、「あれ、だあれ?」

「あ!あたしじゃないの!。ヤダ、気味悪」

って驚くのがから、自分でも飽きてれしまう。

ついついコンサートの写真も、何年か前のを選んでしまう。

「大人なんだぞ!」

「良い歳、こいているんだぞ」

「いわゆる、ババアなんだぞ!ハッキリ言って」

鏡にの自分に言い聞かす。

まさに、まったく、紛れもなく、その通りだと思う。

でも、デビューしたての、落下傘風、ペチコートヒラヒラを選んでしまう。

新派の芝居では、もう、婆さん役しか回ってこない。

私の本当の、つまり実年齢の役なのに、お婆さんの身体付きに作ってしまう、、、

その必要もないのにね。

コンサートは違う!色々な年齢の歌が唄える。

アン・マーグレットが色っぽく、大きなセーターの中で

着替えながら唄った「大人になるのは楽しい」ナンテ歌も唄える。

18日と迫ったコンサート。

ペギー・リーの「だからオンナWOMAN] なんてオンナの有能さの歌も出てくる。

映画に出て来た、忘れられない映画音楽の数々をって思ったら、、、

、、今回、結構、ナツメロになっちゃったかも。

d0071099_441415.jpg
d0071099_415629.jpg
d0071099_40810.jpg

Commented by yonkosan at 2018-07-09 06:36 x
永遠のお嬢ちゃまだものそれでいいのですよ。だからこそ、いつまでも可愛く、エネルギッシュでいられるのですよ。少女の心で、いつまでも前を見て、進んで下さい!
Commented by kita at 2018-07-09 08:18 x
来週ですね。あっ!チケット申し込んでいなかった。
必ずお伺いします。
映画音楽は大好きですが、知っているのがあるかな?
Commented by funny-girly at 2018-07-09 12:29
yonkosanさま
少女の心ってどんなのでしょう?
夢を夢見る心かな?
ただ云えるのは、後ろは向けないって事ですよね。
ただ、今まで出逢ってきた素晴らしい人たちのことは、
語って残してゆきたいな。
Commented by funny-girly at 2018-07-09 12:31
kitaさま

ああああ未だでしたよ。
映画音楽、、、まず50年代が5曲、、、後は、もっと古いかな?
by funny-girly | 2018-07-09 04:12 | Comments(4)

水谷八重子 タワゴト
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31