駆け足旅行

立て続けに、母と仰ぐ大事な人を亡くした。
しかも、京都の母、3人も、、、。
お三方とも、「関西八重子の会」の発起人、世話人をして下さった方ばかり。

去年5月に逝ってしまった、伏見の「オカヤン」。
その前には、おおらか、、、、と云う言葉は、この方の為にある、としか、
思えない方。3回忌の法要に伺ったのですが、
抹香臭いのはきっとお嫌でしょうからと、
美味しいものを頂く会になりました。
茶道の家元の奥様で、料理研究家。

私は食いしんぼ、何でも食べる大食漢。
しかも商売柄、早飯、早食い、ガッツキ屋。
その私が、遅れを取った、ただ一人の方だったんです。
それも、私のように、決してガッツカナイ、ガッツイテ見えない。
あくまで、優雅で、しかも口に運ばれ、お口の中に姿を消す食べ物の美味しそうなこと!
その上、楽しい会話を弾ませながら、笑いを絶やさず、なんですもの!
食いしんぼの私が、見とれてしまっていました。

千  澄子さま、、、、。
紫の忘れな草にかしずかれ、コデマリがそれとなくいて、
今や盛りの、菜の花の丘の上に、ふくよかな、優しいお顔が飾られ、
桃の花が献花されていました。
身に余る「献杯」で、シャンパングラスを持たされたのは良いのですが、
ドロンとした液体が入っている。真っ青な青竹の台の上にお供えして、
献杯の声と共に一口頂いたら、まあ、なんとお白酒、、、、
そう、今日は3月3日、雛の節句だったんですね。

そして、先斗町の母、初の屋さんのお母さんにお線香を
供えている内に、堪らなく悲しくなってしまって、、、。
忙しい、そして、悲しい、京都旅行でした。

d0071099_255718.jpg
by funny-girly | 2007-03-05 02:56 | 雑文

水谷八重子 タワゴト
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31