2007年 05月 05日 ( 1 )

今に生きる

このMacで使っている辞書は、ATOKなんです。
お利口で、長い文章の変換がお上手。
ずっと、バージョンアップに付き合いながら、使って来ましたが、
アップするたび、どんどん小姑チックになってくる。

寝殿の隅の間の、、、と打って変換すると、ダメ出し《「の」の連続》と来た。
有り難う。ご苦労様。でも、これは私の文章じゃないのだ!
文化勲章の瀬戸内寂聴先生の「源氏」を写しているだ。
僭越。生意気。うるさい。頭が高い。文化勲章だ。

若い方に「見れましたか?」若い人にあわせて、シャレでしょ!?《ら抜き表現》と、まただ。
ご親切にshift+returnキイで「見られましたか?」に直してくれるという。

今の言葉を、私が使って、どこが悪い?
 ら抜き言葉は、もう市民権を獲得していると、思ってるのに。
急に今頃反省しないでよ。古い人間はビックリこきまくっちゃうじゃない!

テレビもそう。
ら抜き言葉で、インタビューに答えている人の胸にスーパーインポーズ。
「ら」の字は抜いているのに、スーパーには入ってる???
 耳のご不自由な方が、これを見たら、
歴史的なレース直後の感想を語る、 武 豊騎手は、
冷静に正しい日本語で語った。、、になって、
一世を風靡した「ディープインパクト」と武騎手から、
平成の匂いが消えるような気がして、かえって悲しかった。
大変な偉業を成し遂げた人の言葉を換えて伝える、、、、
それが、、、正しいことなのでしょうか?

私、新しぶって云ってる訳じゃない。意味が分からない日本語に、
ぶつかった時は、徹底的に聞き返す。
だって、私の顔の前に、おしぼりを、差し出して、
「コチラノホウ、おしぼりになります」「?!?!???」
「何時? どちらが?どうやって?これ以上の おしぼりにおなりになるの?」
へーんなオバサンって顔されちゃった。

ピーコックってスーパーで買い物して、レジに行ったら、
レジ打ちながら唐突に「ピーコックカードよかったでした?」 「、、、」
面倒くさそうに、もう一度「ピーコック カードォよろしかったでしたッ!」
「どうゆう意味なんですか?」と聞きかえす私を、一緒に行ったものが、
腕を引っ張った。「ここでキレてどうするんです」 キレてないっすよ。
解らないから聞いただけ。レジの彼女は、答えを持っていなかった。
ただ同じ台詞を繰り返すばかりだった。

確かに、日本人の方だった、、、と、思う。

d0071099_3212287.jpg

裾野市での打ち上げスナップ。楽しかったです。唄いたい私です。
by funny-girly | 2007-05-05 03:32 | 何でしょネ

水谷八重子 タワゴト