<   2018年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

桜散る

ブログなんて、最初から人に見せる物として書くもンじゃない。
自分用の、心のメモ帳、日記帳?なのだから。
何時からだろう、、、人に見られるのを意識して書くようになったのって。
多分、原稿を頼まれて、なかなか書けないので、ブログに逃避を試みた。
逃避しながらも、書かなくちゃあ、、、って、罪悪感に責めさいなまれつつ、
逃げのブログの方も、人に読まれるって云う意識満々になっちゃったんじゃないかしら。

思いつくとジッとしていられない、、、これは、父の血だと母は云う。
母は思いついたら、それなりの知識人に何気なくポツリと相談。
その感触が良いと、何となく、、、こんな風なことをしてみたいのよ。
と、周りからそーーっと人に相談して行く。

その内に「おやりなさい! おやりなさい!」って人が御神輿を担いでくれる。

母は、此処までユルリユルリと慎重だ。
そう云う運命の下に生まれて来たのか、どうなのかは知らないが、
兎も角歩調が緩い。
危ないモノなら、その間に壊れてゆく。
「失敗」ってない人生だったように思う。

私は?  と云うと「春だ!桜だ!急げ!散っちゃう」
すっかり桜が、青々とした頃にコンサートなり、なんなりになる。

慎重に、人の云う事をじっくりとは聞かない。
これもパパの血だと、昔を知る人は云う。

でも、、、心の中に、胸の内に、何だかイッパイ溜まってきてしまうんですもの。
青井陽治、、、青井ちゃんが、青井先生が側に居てくれてたら、
何てコトのない世間話のウチに、それとなく、コンサートの意味を見つけてくれる。

大切な、2人といない、先生ィェ友人を亡くしてしまったことが、
何より痛い!

青井ちゃん、春はもう去って行く。
夏にしましょうね。
夏に、思いっきり唄います。
夏までに、色々なアイディア授けて下さいネ?
by funny-girly | 2018-03-31 11:04 | Comments(4)

。。。

書きたいことは、あるのです。
それは、ある程度、人に読んで頂きたくもあって書くのです。
ある意味、イヤらしいですね。
もう、辞めましょうかね。
by funny-girly | 2018-03-25 23:05 | | Comments(4)

また逢う日まで

富士山の裾野、裾野市でのコンサート。

皆さんのお歌を伺っていて、初めて気が付いた。

シャンソンって、命の尽きる歌詞が実に多いっていうこと。

石井好子先生を偲ぶ会なので、そう云う歌が集まったのかも知れないけれど。

私もセ・フィニってお別れの歌を唄ったけど、、、。

セ・フィニ 誰でも行き着く場所は知ってる。
恋も、人生も、終わりがあるのさ、、、って。


疲れて返って来たら、、、、

逢いたくっても、もう会えない人との写真が気になってきた。
此処に乗っけて忍んでもいいのかな???


こんな素敵な方のサポートで、「良重」って名前と別れたんだっけ。
d0071099_1352239.jpg


そして、こんな素敵な相手役とも、、、もう、、あえない、、、
d0071099_13554633.jpg


あらいやだ、、、決して逢えない訳じゃない。
         しばらくは未だお目に掛かれないってだけですね。

ええ、未だ未だ私。
当分は私。

こちらでバタバタと暮らし、面影を偲んで心を休めさせて頂きます。
by funny-girly | 2018-03-11 14:13 | Comments(2)

富士山の麓に。

今日はこれから、富士山のすぐ下の、裾野市に行って参ります。

石井好子先生の思い出の地です。

大勢のスターさんの中に混じって、先生を偲びます。

もう一度、いいえ、何度も何度もお会いしたい先生。

d0071099_947580.jpg


ここには、もうひとつ思い出が、、、忘れられない思い出が。

いつでしたかしら?

石井先生が、急遽、ご出演になれないとのことで、

私が、生意気にも出演させて頂いたことがありました。

その時、1回だけ憧れのリュウさんと同じ舞台に立ったのがここでした。

良く晴れた日で、リュウさんは富士山に夢中。

写真撮りまくりでした。

フィナーレ、並ばせて頂きました。

自然に手をつないで、、、。

その時のスナップです。

d0071099_2405184.jpg

by funny-girly | 2018-03-10 09:48 | Comments(0)

お雛さまの誕生日

青井ちゃん、、、

青井先生の先生は辞めておきますね。

今日はおひな祭。

お誕生日でしたかしら、、、。

いつも、毎年、かならず、私は忘れてましたね。

今年も、、、そうでした。

いないんですねぇ、、、もう。

考えられない。 考えない。辛すぎる。

今の私よりも、今の青井ちゃんが幸せであることを祈ってます。

病って、暴力なんですね。お見舞いに行った時、そう感じました。

ノックダウンされちゃった! って思いました。

そのことに一番おどろいていたのは青井ちゃんって思いました。

おどろいている。びっくりしている。驚きのあまり、動けずにいるって思いました。

でも、こんなに悲しくって、情けなくって、泣くに泣けなくって、、、

たぶん、仲良しの姉弟を亡くす時って、こんな想いなのかも知れませんね。

ひとりっ子の私には良く解らないけれど。

こんなことも考えます。

「ただいま〜」って「あ〜良く眠っちゃった」って帰って来るような、、、

そんな気もします。


「肺炎です!」云われって、白衣に囲まれて「ヤバイ」って思った時、

私、こんな病の気迫に、青井ちゃんは、負けたんだなって思いました。

負けてそのまま、ずるずるっと沼の中に引きずり込まれたんだろうな、って。

思いっきり両足を踏ん張って「未だダメ!」って頑張りました。

頑張れない時が来るんですよね、、、いつかは。

そんな、想いをお誕生日にしてしまいました。

70回目のお誕生日、母が、越路のお姉が祝ってくれているって思ってます。
by funny-girly | 2018-03-03 22:01 | 悲しみ | Comments(2)